岡松 高史(家庭教師)- コラム - 専門家プロファイル

岡松 高史
「子どもを思う」保護者に寄り添い、期待に応えるプロでありたい

岡松 高史

オカマツ タカシ
( 愛知県 / 家庭教師 )
岡松教育進学研究所 代表
Q&A回答への評価:
5.0/1件
サービス:3件
Q&A:6件
コラム:18件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

18件中 1~10件目RSSRSS

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その3

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その3 前回の「その2」では、「ふたつの事柄がともに事実だったとしても、それらを『因果関係』で繋ぐことはできない」という点や「まったくの無関係とは言えない」という点で、「青魚を食べると、頭が良くなる」という説と、「国語ができない、『だから』算数の文章題もできない」と考えてしまうことがよく似ているということについてお話ししました。   ここで言いたいのは、 「ふたつの事柄がともに事実だったとしても、そ...(続きを読む)

2012/07/03 15:14

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その2

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その2 前回の「その1」で、「他教科の成績が芳しくないことについて、『国語が元凶である以上仕方がない』とおっしゃる方は、思いと行動のつじつまがあわなくなってしまうほど、お子さんの成績のことで悩みに悩んでいらっしゃることが覗える」と書きました。   今回は、なぜ私がこのような判断をするのかについてお話ししたいと思います。 コラム「国語ができないから、算数の文章題も……って、ホント? その3」の最後のと...(続きを読む)

2012/07/03 15:07

「大丈夫!」って、何が?

「大丈夫!」って、何が? 「固い」コラムが続きましたので、今回は街で拾った「柔らかい」話題です。 今後も、こんなコラムも書いていきたいと思います。   ところで、私は喫茶店をよく利用いたします。 実は、この原稿も喫茶店で書いています(「実は」という程のことではないのですが)。 執筆関係の仕事で行き詰まると気分転換に喫茶店に行って原稿を書きますし、学習相談を承りに行ったり、学習指導にお伺いしたりする場合も遅刻しない...(続きを読む)

2012/06/29 14:48

中学入試 不合格に負けないために その1

中学入試 不合格に負けないために その1 3月下旬というこの時期、大学入試や高校入試に対しての「不合格に負けない」ならいざ知らず、中学入試に対して「不合格に負けない」などというタイトルのコラムは、時機を失しているのではないかと思われるかもしれません。合否の発表があってから、暫くたちますから。   そこでまず、なぜこのタイミングでこのようなタイトルのコラムを投稿するのか、から始めたいと思います。   「そこで……」と考えて、これまで...(続きを読む)

2012/03/24 14:14

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その1

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その1 「国語ができないから、算数の文章題も解けない」という考え方は誤っているのではないか、ということについて、長々と書いてきました(コラム「国語ができないから、算数の文章題も……って、ホント?」その1・その2・その3、参照)。なぜ、このようなことを長々と書いてきたのかをご説明しつつ、次のテーマ「成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために」に移っていこうと思います。 何か問題点が見つかった場合、その原...(続きを読む)

2012/03/07 20:05

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その3

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その3 受験直前期でしたので、「緊急投稿」コラムが続きましたが、名古屋地区は中学受験もひと段落いたしました。また、こちらの一連のコラムの執筆に戻りたいと思います。   「その1」「その2」を通じて、「国語ができないこと」と「他の教科の文章にかかわる問いが解けない、あるいは、苦手だということ」を「因果関係」でつなぐのは、誤りではないか、というお話をして参りました。もし、これらが「因果関係」でつながるとし...(続きを読む)

2012/02/07 17:12

緊急投稿  中学入試 入試直前期に成績が下がった?!

緊急投稿  中学入試 入試直前期に成績が下がった?! 中学入試も、関西地区は終了し、中部地区は真っ最中、関東地区は直前になりました。 関西の受験生、保護者の皆さん、お疲れさまでした。 結果はどうでしたか。 志望校合格を果たした方は、少しのんびりしつつ、小学校生活をしっかり締めくくってください。 また、不本意な結果に終わった方も、少しのんびりしたら、目標に向かって頑張りぬくことができたことを、きちんと胸にしまっておいてください。これから何かでく...(続きを読む)

2012/01/26 00:37

センター試験のミス 不合格者が自分と向き合う機会を奪わないか

センター試験のミス 不合格者が自分と向き合う機会を奪わないか 今年度の大学入試センター試験で、問題の配付ミスなどトラブルが続出しましたね。社会科の受験システムの変更に試験監督者たちが対応し切れていなかったのが最大の原因だと、現在のところ見られています。 平野文部科学大臣は、大学入試センターの理事長を呼び出して「不利益を被らないよう、受験者の立場に立ち、適切に対応していただきたい」と述べたそうですが、特定の受験者が不利益を被らないように対処するのは当然として...(続きを読む)

2012/01/19 00:03

緊急投稿 中学入試 入試直前期の過ごし方 「親は……」 その3

緊急投稿 中学入試 入試直前期の過ごし方 「親は……」 その3 話を直前期の過ごし方に戻して、今回は「具体的な日々の過ごし方(過ごさせ方)について」お話ししたいと思います。   地域によっては、学校に行かせるか、それとも、家で勉強させるかが、問題というか悩みのタネになる場合もあると思いますが、結論から言えば、これも、これまでお話ししてきましたよう、受験生本人が「心やすらかに、入試日を迎えること」を第一に考えるべきだと思います。 つまり、本人が学校に行きた...(続きを読む)

2012/01/06 23:01

緊急投稿 「答案の見直しって、子どもにできるの……?」 その4

緊急投稿 「答案の見直しって、子どもにできるの……?」 その4 前回の「その3」では、「答案の安全な『見直し』」についてお話しいたしましたが、今回は、「多少リスクを負ってでも『内容面に踏み込んだ見直し』をしたい(させたい)」場合に、できる限りリスクを低減させる方法についてお話ししたいと思います。そのためには、問題を解いているときに、多少の作業が必要になります。 「その3」の項目1と2に続くものとして、次の3をお読み下さい。   3 見直すためにどんな準備...(続きを読む)

2011/12/23 17:41

18件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム