照井 博美(ファイナンシャルプランナー)- コラム - 専門家プロファイル

照井 博美
年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

照井 博美

テルイ ヒロミ
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ 
Q&A回答への評価:
4.4/38件
サービス:0件
Q&A:93件
コラム:41件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
てるいひろみは、大田区で、保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。(※外部サイトへのリンクです)
オフィスシノワ

コラム一覧

41件中 1~10件目RSSRSS

複数のFPに会って決める時代到来?

6組の相談が同時進行しています。 それに加えて常にお客様のアフターフォローも 発生していくため、かなりハードな日々です。 時間管理を一歩間違うと命取りの状態です。 週末は1日2組の相談、ということも多いです。 私の場合カウンセリングに非常に時間をかけるため、 というか、結果的にかかってしまうのですが、 ライフプランのカウンセリングなど、3時間以上かかって しまったりする場合もあり、それが1日...(続きを読む)

2010/07/14 12:00

FPのオーディション!?

先日、あるお客様との初回相談でのこと。 その方は、私に会う前に4人のFPと すでに面談をしてきたということでした。 「4人ですか!? ということは私が5人目?」 そこまで打ち明けてくださらないだけで、 実はいらっしゃる方のなかには私を含め 複数のFPに実際に会って決めている方も もちろんいらっしゃるのでしょうが、 正直5人ものFPと実際に会ってから決めよう、 という真剣な方にお会いするのは初め...(続きを読む)

2010/07/07 12:00

信頼が、人を自由にする

以前、テレビ番組、カンブリア宮殿で、現在、 市場が縮小するなかで、増収増益を続ける花屋さん 「青山フラワーマケット」のパーク・コーポレーション社長の 井上英明さんが取り上げられているのを観ました。 タイトルの言葉はインタビュー後の、司会の村上龍の 編集後記の言葉です。 井上さんは、人生において向上心や自己研鑽は大事なこと であり、根底で信じているのは人は絶対に成長意欲がある ということだそうです...(続きを読む)

2010/06/30 11:00

不動産投資における見極め

以前、現物不動産投資に関するケーススタディ分析をしました。 やはり、広告などでよく目にする表面利回りやNET利回りだけで 判断するのは危険ですね。 投下資本利回りやその方の年収に基づく税率まで考慮した 税引き後の手取り金額で判断することが大切だなと実感。 ケースによっては表面利回りは6.45%とうたわれているのに、 投下資本利回りを細かく計算していくと、2.87%しかなく、 税引き後の手取り金...(続きを読む)

2010/06/23 10:51

なかなか揃わない顔ぶれです

本田健氏x澤上篤人氏x早川周作氏が集結するセミナー 「21世紀の幸せ、夢、お金の考え方」大不況時代でも成功する方法が 8月15日13:00〜16:00に東商ホールで行われるそうです。 豪華な顔ぶれですね。 なんとか時間が作れたら是非聴いてみたいです。(続きを読む)

2009/07/29 14:24

収入の多い少ないは関係ないのかも

ご自分でできる人は、時間や労力をかけても ご自分でやる方法もあります。 そのためには、長期的なプランを作成するとなれば、 今後の物価の上昇率や方向性、 将来受け取る年金額の見積もりを出せる程度の 社会保障制度のしくみについての理解や、 資産形成や運用など、資産管理についても 最低限の知識は必要になってくるでしょう。 それもひとつの方法ですが、それに費やす...(続きを読む)

2008/11/13 11:37

将来の収入のシミュレーション、芸能人の場合は?

小室夫妻の場合、仮に哲哉氏は金銭感覚が 麻痺していたとすると、パートナーであるKEIKOさんは その経済事情をどこまで把握していたのか、 あるいは全く把握していなかったのかわかりませんが、 もし把握できていたのなら、危機感を持ったでしょうし、 回避する方法もあったのではないかと思います。 芸能界の方の場合、収入の見通しに関しても、 その年によって変動があることを考...(続きを読む)

2008/11/12 14:35

どちらにも危機感がなかった?

おそらく、小室夫妻の場合、数年前にこのライフプラン・シミュレーション をしていたら、収入の金額も莫大だけれど、支出は それ以上のペースだったわけですから、数年後に赤字に転落する ということは容易に把握することができたでしょう。 でも、そもそも、今後のお金の問題に対して 危機感を持っていなかったから今回のことになったわけで、 現状の問題を把握できなければ改善策もとれませ...(続きを読む)

2008/11/11 10:11

ライフプラン・シミュレーション、小室夫妻の場合は?

ライフプラン・シミュレーションをすると、今後40年間の収支を 目で確かめることができます。 FPの行うライフプラン・シミュレーションの目的は、 その方が思った通りの人生が送れるように、お金の面での 総合的なアドバイスをすることにありますので、 その方の価値観なども伺っていかないと なかなかよいアドバイスはできないため、 かなり詳細なカウンセリングを行い、さまざまな...(続きを読む)

2008/11/10 12:07

肌で感じるお客様の将来への不安

日々個人の方のお金に関する相談にのっています。 かつての高度成長期の日本では、 会社は終身雇用でお給料は右肩上がり、 お父さんは真面目に働いていさえすれば、程度の差はあれ、 お給料は毎年上がっていき、マイホームも手に入れることができ、 つつがなく定年まで勤め上げれば、退職金を受け取れ、 年金で比較的余裕のある生活をしていけた時代もありました。 そのような社会...(続きを読む)

2008/11/07 12:52

41件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム