溝部 公寛(建築家)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

溝部 公寛
“くつろぎ”をテーマにした“木の家”を創っています

溝部 公寛

ミゾベ キミヒロ
( 建築家 )
寛建築工房 主宰
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:7件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

1964年横浜生まれ。実家は木材店。明治大学卒業後、設計事務所勤務を経て、
1994年独立、1995年寛建築工房設立。主宰。

1995年~2010年
寛建築工房 主宰
1986年~1994年
株式会社奥野建築設計事務所
学校、屋内プール、体育館、特別養護老人ホーム、店舗、
集合住宅、研修施設、各種施設の設計業務に従事
1982年~1986年
明治大学 工学部建築学科

実績

設計・施工・監理・木材供給まで一貫して行う“寛の家”シリーズ
寛の家−35 茅ヶ崎 新築
グランドピアノのあるリビングに親族が集い、夏の花火を楽しむ。中庭を中心に開放と閉鎖の両立を計りながら、私的な生活を大切にした木の家。
寛の家−33 鎌倉 新築
トップライトから光射すリビングシアターで映画を楽しみ、鎌倉の四季を
感じながらゆったり食事をする。落ち着きのある生活を目指した木の家。
寛の家−32 鵠沼 新築
シーリングファンがある傾斜天井のリビング、立体的に繋がるルーフデッキ
から、江ノ島と富士山、夏は海の花火を望む、友人が集い楽しむ木の家。
寛の家−30 横浜 新築
雑木林を眺めるリビングで憩い、地下で趣味に没頭し、ルーフデッキから星を観る。変形狭小傾斜敷地に三世代が住まう、立体構成による多層な木の家。
寛の家−17 王禅寺 新築
欅の大黒柱、連続する化粧垂木。木製引戸の多用、落ち着きあるリビングにトップライトから光射す、伝統家屋の構成要素と現代生活が融合する木の家。
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム