三島木 英雄(ファイナンシャルプランナー)- コラム - 専門家プロファイル

三島木 英雄
理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

三島木 英雄

ミシマギ ヒデオ
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.7/115件
サービス:4件
Q&A:176件
コラム:57件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
詳しくはこちらから(※外部サイトへのリンクです)
会社HP

コラム一覧

57件中 1~10件目RSSRSS

平成27年分相続課税3.6%増、預貯金課税急増

平成27年分相続課税3.6%増、預貯金課税急増 相続税は平成27年1月に基礎控除が減少しました。 以前と比べ40%下がり、基礎控除は5,000万円から3,000万円になっています。 基礎控除が下がれば当然、今までギリギリ基礎控除範囲内であった方が新たに課税対象となり相続税が発生する世帯は増加します。そのため今回の平成27年の数値は今後を見る上でも非常に注目されていました。12月に国税庁より発表された数値は想定通り上昇しています。 4.4%か...(続きを読む)

2017/01/04 12:15

ドルは何処まで上昇するか?125円通過説

ドルは何処まで上昇するか?125円通過説 金利差が一気に拡大 ドルがどこまで上昇するのか?中々判断はしにくい現在です。 トランプ氏が次期大統領に確定してから一気にドル円相場が変わりましたが、なぜ変わったかは2国の金利が決定していきます。 下の表は2016年の日本とアメリカの10年国債の金利です。 2016年の日米金利と為替 日本国債 アメリカ国債 金利差 ドル円 2016年1月 0.264% ...(続きを読む)

2016/12/21 12:51

低金利も方向性は「上昇局面」に

低金利も方向性は「上昇局面」に 金利低下も底打ち2016年、マイナス金利政策も導入され金利は下がり続けていましたがようやく底打ちをした感じです。すぐに急上昇という感じではありませんが大きな方向性としては上昇局面に入ったと考えられます。 図は2016年の日本国債の金利です。差がわかりやすい「1年、5年、10年、30年」で比較していますが年初は金利の差が大きかったのですが徐々に金利の差が無くなっていきました。 通常は長いほど金利...(続きを読む)

2016/12/13 14:25

意味がない?配偶者控除150万円への拡大

意味がない?配偶者控除150万円への拡大 3つのメリットのうち最重要ではない 女性の労働制限をなくすべく議論され続けている「3号被保険者」の問題。 そもそも3号被保険者の問題は3つの要素があり・「夫の所得控除になる配偶者控除」・「パートの所得に対する所得税・住民税」・「夫の扶養から外れて自分の社会保険料を自分で負担する」という3つです。今議論されている扶養控除拡大はそもそも影響力は小さい。 世間一般で認知されている103万円のハード...(続きを読む)

2016/11/29 17:56

年金の「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」比較

年金の「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」比較 年金の繰り下げと繰り上げ公的年金の受給は現在の所65歳からとなっています。老後の働き方や、年金制度の変化はわかりませんが、予備知識として年金の「繰り上げ」「繰り下げ」を知っておきましょう。 早くもらう「繰り上げ受給」本来65歳からもらう年金を早くもらうことも可能です。ただその際は1ヶ月あたり0.5%減額されて受給します。仮に60歳まで繰り上げる場合は5年間早くもらうことになりますので0.5%×60...(続きを読む)

2016/11/14 17:39

保険料支払いは「何歳払い」が有利?

保険料支払いは「何歳払い」が有利? 保険料支払いで有利不利は?医療保険やがん保険など、万一のリスクに備えて保険に加入する人は多いのですが保険料の支払い方には性格・好みがあります。個人的にはどのパターンでも有利不利はあまりないと思っていますが試算をしてみました。 60歳払い・65歳払い・終身払い選択される保険料の支払い期間で多い3つを比較してみました。男性と女性とでは、病気にかかる可能性(リスク)が違うため保険料も若干違いがあります...(続きを読む)

2016/11/08 17:09

手取りが大きく変わる「確定拠出年金」の受け取り方

手取りが大きく変わる「確定拠出年金」の受け取り方 来年から20歳以上の全国民が原則的に加入できる個人型の確定拠出年金。制度を扱う金融機関も急速に増え、各社顧客を取り込もうとしています。大きく3つのメリットを掲げていますが、思わぬ落とし穴もあり注意をしておきましょう。 3つのメリット・掛け金が全額所得控除・運用益も非課税で再投資できる・受け取る時も税制優遇がある この3つがメリットなのですが、すぐに実感できるメリットは「掛け金の所得控除」です。仮に...(続きを読む)

2016/11/04 18:36

3号被保険者は確定拠出年金に加入すべき?

3号被保険者は確定拠出年金に加入すべき? 2017年1月より確定拠出年金に3号被保険者(主婦など)も加入できるようになります。実質20歳以上の国民全員が加入できるようになります。制度に関しては複雑な点もありますがメリットデメリットをしっかり理解しておく必要があります。 3つのメリット(個人型)確定拠出年金(個人型)でのメリットは大きく3つです。メリットの横にはそれぞれが与えるお得度合いを個人的に書いてみました。 ・掛金が全額所得控除   ...(続きを読む)

2016/09/17 12:48

リスク回避的な投資家から学ぶ

リスク回避的な投資家から学ぶ 年初から日本株の下落は大きいのですが リスク回避的な投資化と一般的な人の差を まとめてみました 昨年末、日経平均は19,000円ありましたが 今は15,000円程度まで値下がりしています。4,000円の値下がりです 仮に状況が落ち着いて17,000円まで回復したとしても 含み損として2,000円ある状態ですね リスクを...(続きを読む)

2016/02/14 17:01

簡単に知る、日本の年金

簡単に知る、日本の年金 老後資金は見えにくい先の話で多くの方が不安を持つものです。ある程度の心構えとそれに対する対策を講じる為には生活のベースとなる「日本の年金」を簡単に状況把握しておくと良いでしょう。 日本の人口推移 上図は日本の人口推移ですが、65歳以上の人の割合である「高齢化率」と15歳~64歳の現役世代である「生産年齢人口」の割合が重要です。 2015年は高齢化率26.8%、生産年齢人口割合60.7%ですが2...(続きを読む)

2015/07/07 12:55

57件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真