増岡 健司(歯科医師)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

増岡 健司
インプラント治療と予防歯科に特化。医療を通じ貴方の一生を支援

増岡 健司

マスオカ ケンジ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師
Q&A回答への評価:
4.4/7件
サービス:0件
Q&A:40件
コラム:48件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

日本大学歯学部在学中よりインプラント治療の重要性に注目。卒業後は都内で勤務医を続けながら、インプラントの技能資格を取得し、そのノウハウを磨いていった。1994年、地域医療に尽力していた故荒井賢一先生の後を継ぐ形で開業。2000年には医療法人社団審歯会(現・MEDIQOL)を立ち上げ、理事長に就任した。
北海道医療大学歯科医師臨床研修科臨床教授。

1965年~1965年
北海道旭川市生まれ
1991年~1991年
日本大学歯学部 卒業。東京都中央区の歯科医院に勤務
日本大学歯学部在学中よりインプラント治療の重要性に注目。
1992年~1992年
国際デンタルアカデミー、UCLAサティフィケート 取得
卒業後は都内で勤務医を続けながら、国際デンタルアカデミーに所属するなど、インプラントをはじめとする多様な知識を身につけていった。また同時期、「UCLAサティフィケート」「ブローネマルクインプラントサティフィケート」「CAD/CAMセレックサティフィケート」「ITIインプラントサティフィケート」など、様々な技能資格を取得したことが、現在提供している医療サービスにおいて強力な礎となっている。
1994年~1994年
東京都文京区にて、ますおか歯科クリニック(本院)を開業
1994年、地域医療に尽力していた故荒井賢一先生の後を継ぐ形で開業した。インプラント治療などつねに最新の歯科技術を患者様に提供しつづけるとともに、「予防歯科」にも注力。治療だけにとどまらない総合デンタルサービスを標榜し、歯科医療を通して患者様の一生を支援していくことを第一義としている。
2000年~2000年
医療法人社団審歯会(現・MEDIQOL)理事長 就任
2000年には医療法人社団審歯会(現・MEDIQOL)を立ち上げ、理事長に就任。現在に至る。

実績

インプラント治療と予防歯科を柱とし、患者様に最適な治療方法を提案。歯科医療に関するさまざまな情報や技術を厳選し、患者様の心情に十分配慮した治療を行います。
ブローネマルクインプラント
チタンが骨と完全に結合することの発見を受け、1965年から臨床応用が開始された長い臨床実績を持つ信頼性の高いインプラントシステム。
CAD/CAMセレック
CAD/CAMを応用し、患者様の眼前で説明を行いながらディスプレイ上で設計を行い、セラミック修復物のミリング(削り出し)ができる。製作した修復物をその場で装着することも可能。
ITIインプラント
スイスのストローマン社で製造している1回法の代表的なインプラントシステム(1974年より臨床応用)。インプラント体と骨との早期結合が期待できる。
MEDIQOL(Medical Quality of Life)
一人ひとりの生活に寄り添い、その声に耳を傾けながら、百人百様の心身の健やかさを追求することを目的とし、2000年、志を同じくする優秀な医師・医療スタッフとともに設立した。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム