増岡 健司(歯科医師)- コラム - 専門家プロファイル

増岡 健司
インプラント治療と予防歯科に特化。医療を通じ貴方の一生を支援

増岡 健司

マスオカ ケンジ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師
Q&A回答への評価:
4.4/7件
サービス:0件
Q&A:40件
コラム:48件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

48件中 1~10件目RSSRSS

〜健康な身体は歯の健康作りから〜

  快適な毎日を過ごすためには健康な身体作りが大切です。健康な身体を作るために歯の健康はとても重要な役割を果たしています。歯が健康でないということは、食べ物の栄養がとれないばかりでなく、偏頭痛、耳鳴り、腰痛や肩こりなどの原因にもなります。毎日の生活をちょっと見直して、健康で快適な毎日を送りましょう。 ■虫歯や歯周病を予防しましょう 歯を健康的にするためには、虫歯や歯周病を...(続きを読む)

2009/02/27 00:46

〜歯科レーザー治療の効果は?〜

レーザーとは、非常に高いエネルギーを持った人工の光です。医療では、鼻の治療、肩こりの治療、腰痛の治療、癌の治療、いびきなどの治療にレーザーが使われています。レーザーメスというのを聞いたことがあるという方も多いと思いますし、他の利用法として、殺菌・消毒・止血・鎮痛・消炎に効果があります。   レーザー光は、特定の物質にしか反応しない特徴があるため、健康な歯には影響せず、虫歯菌の部分だけを除...(続きを読む)

2009/02/19 02:07

〜知覚過敏はどうして起きるの?〜

 ●知覚過敏とは?    冷たい飲み物を飲んだり、歯を磨くとしみる!ということはないでしょうか?  歯周病や加齢により歯肉が下がったり、無理な力での歯磨き方法などによって歯が削れてしまうと、冷たいものや熱いものを口に含んだ時や歯磨きの時の刺激が、歯の神経に伝わって、しみるような一過性の痛みを感じます。  これを「知覚過敏」といいます。 この状態を放置しておくと、歯磨...(続きを読む)

2009/02/17 00:00

〜歯周病とはどんな病気?〜

 日本人は世界一、歯周病にかかっているといわれています。    最近の厚生労働省の調査結果では、20代で約70%、30代で約80%の人達がかかっています。あなたは中年以降の病気だと思っていませんか?   なんと、50 代では約90%以上の人が持っている国民病なのです。    歯周病とは、生活習慣病の一つで、歯の周囲の組織(歯や歯槽骨など)に細菌が感染して炎症を...(続きを読む)

2009/02/16 19:00

〜歯を白くしたい!〜

 歯が白いと明るい性格になれる?    首都圏及び近畿圏で働く女性500 人に聞いた歯の健康調査によると、現代女性の多くは歯の色にコンプレックスを抱いているようです。首都圏・近畿圏どちらにおいても、「自信がある」「まあまあ自信がある」と答えた人は3 割を下回りました。特に近畿圏で「自信がある」と答えた人は1%にも達しませんでした。 「自信がない」と答えた人にその理由を聞いた...(続きを読む)

2009/02/16 14:00

〜歯磨剤(歯磨き粉)のお話〜

 歯磨剤の成分には基本成分と薬用成分があります。  基本成分とは研磨剤、湿潤剤、結合剤、発泡剤、香味剤などで、薬用成分とは、むし歯、歯肉炎、歯周炎、口臭などのお口や歯の病気を予防するための成分です。  ●主な薬用成分(製品に記載されているので確認してみましょう)  虫歯予防   フッ素(フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム など)  歯肉炎予...(続きを読む)

2009/02/16 09:00

〜お母さんから感染する!?むし歯菌〜

 むし歯の原因になる細菌は乳幼児期に保育者(主にお母さん)から感染し、お口の中に定着することがわかっています。むし歯菌は感染する時期が遅ければ遅いほどその後のむし歯の本数が少なくなるというデータもあるため、なるべく子供への感染を遅らせることやむし歯菌の数を少なくすることが大切です。    お母さんのむし歯が多いと子供もむし歯が多くなる?  むし歯になりやすい保育者から...(続きを読む)

2009/02/16 00:00

〜かみ合わせ〜

 歯には、噛むだけでなく、食べ物を味わったり、正しい発音でしゃべったり、消化を助けたりと色々な役割があります。ですから、良いかみ合わせでよく噛むことや歯並びは健康のためにとても重要です。かみ合わせが悪くならないよう、頬杖をついたり片側だけで噛むなどの癖は早いうちに直しましょう。        かみ合わせが悪くなる主な原因   ●生まれつき      ●頬杖をつく...(続きを読む)

2009/02/15 18:00

〜プロフェッショナルケアのすすめ〜

 お口の健康を守るには、ご自宅での歯磨きに代表される“ホームケア”と歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行う“プロフェッショナルケア”の両立が大切です。      プロフェッショナルケアってどんなことをするのでしょう?    ■歯と歯間のクリーニング 毎日きれいに歯磨きをしているつもりでも、歯ブラシが届きにくいところや汚れがたまりやすい所があります。この部分の汚れや...(続きを読む)

2009/02/15 14:00

〜歯間のお掃除できていますか?〜

 ほとんどの人が毎日歯ブラシを使って歯磨きをする時代になりました。  しかし、歯ブラシの他にデンタルフロスや歯間ブラシといった歯間のお掃除をするグッズを使用している人はまだまだ少ないのが現状です。  歯間のお掃除はどうして必要なのでしょうか?    歯ブラシを使ってていねいに歯磨きをしてもプラーク(歯垢)を完全に落とすことはできません。歯と歯の間には歯...(続きを読む)

2009/02/15 10:12

48件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム