中山 航(英語講師)- Q&A回答「留学には必要な手続きがあります。」 - 専門家プロファイル

中山 航
先にある本来の目的に向かっていける力とやる気を引き出します!

中山 航

ナカヤマ ワタル
( 東京都 / 英語講師 )
Language School ~航~ 代表
サービス:0件
Q&A:2件
コラム:213件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3590-5056
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

海外赴任に同行する配偶者について

スキル・資格 英会話 2010/05/27 23:36

昨年結婚し、通勤が不可能であったため新卒から勤めていた会社を退職致しました。
現在は別の会社で正社員として働いております。

質問は「旦那さんの海外赴任中に現地の大学などで学生として学ぶことはできますか?」ということです。(英語圏という前提です。)

旦那さんが海外赴任になる可能性が出てきました。上司が勧めたらしく、まだ子供もいませんので、本人も行きたいと思っているようです。期間は2~3年です。英語圏という前提で書かせてもらいます。

海外赴任の際には、配偶者が必ず一緒に行かなければならないという規則があるため、もし決定してしまえば、私も行くことが決定します。

私自身は海外へ行くことは賛成ですし、旦那さんのステップアップにもなるようなので、応援したいと思っています。

ただ、私にも人生においてしたいことがあり、旦那さんと相談しておりました。
働けば働くほど、昔から考えていたお医者さんになりたいという気持ちが強くなり、このままでは一生後悔すると思い、学士編入試験を受けようと準備をしていた矢先でした。(結婚前までは研究職として働いておりました。)

もし海外勤務についていくことになれば、年齢的に(すでに厳しいのに)もっと厳しくなってしまします。

しかし、現在の私の考えとしては、やはり男の人のキャリアを崩すのは、とても酷なことですので、もし海外赴任が決定すれば、行こうと思っています。そのあとに、駄目もとでも、編入試験を受験しようと思っています。

ただ、その赴任中に何もしないのはもったいないなと思い、大学などで学ぶことはできないかと思い相談しました。

留学の知識がありませんので、どのような可能性があるのかもわかりません。
そもそも海外赴任中に妻が学生をしているというのもあまり聞いたことがありません。

この背景には、編入試験では英語が重視されるということも考えております。

もし、学生ができるのであれば、どのような学校があり、どのような試験を通過すればよいかなどを教えて頂けるとありがたいです。

そもそも、配偶者としていくのに、学生ができるビザなのかどうかなのも不明です。

また、もし質問が抽象的すぎましたら、どのような所(留学センターなど?)に質問すればよいか教えて頂けるとありがたいです。

長くなってすみません。

よろしくお願い致します。

補足

2010/05/27 23:36

色々な方にご回答を頂きありがとうございました。とにかく英語圏で学生をしようという場合はTOEFLが必要になるのですね。

旦那さんの海外赴任までにはまだかなり時間がありますので、勉強を始めようとおもいます。

ところで、大学やカレッジをもし選択できるような地区であった場合、ある程度留学生が多い学校を選ぶ方がよいのでしょうか。

unoさん ( 京都府 / 女性 / 28歳 )

中山 航 専門家

中山 航
英語講師

10 good

留学には必要な手続きがあります。

2010/05/28 15:17

はじまして、unoさん。海外留学と学士編入のことについて答えさせていただきます。

海外留学について

旦那さんの海外赴任に奥様であるunoさんが同行する場合、通常同行家族ビザを
取得することになります。しかしこの同行家族ビザでは、大学や大学院に留学
することは出来ません。海外の大学、大学院に通うためには、学生ビザ(就学ビザ)
が必要になります。

また留学するためには、必要とされる英語力があることを証明するために、アメリカ・
カナダでは主にTOEFLのスコア、イギリス・オーストラリアではIELTS(TOEFLでもO.K.
なところも多いです)のスコアが希望する海外の大学・大学院の求める基準点に達して
いなければいけません。

日本で在学していた大学での成績を表すGPAも希望する海外の各大学・大学院ごとに
設けられた基準に達していなければなりません。ただこの成績表は、日本で通われた
大学・大学院で申請すれば比較的容易に手に入ります。

海外で大学・大学院留学するために最低限度必要となるのものは

1.学生ビザ(就学ビザ)
2.TOEFLまたはIELTSのスコア
3.GPA

ということになります。詳しい留学手続きに関しては、ご連絡いただければ、
当校が提携させて頂いております業界最大手の留学センター「留学ジャーナル」社
をご紹介いたします。

医学部学士編入試験について

ご存知の通り、確かに英語が出来ていると有利です。大学によってはTOEFLのスコアを
提出する場合もありますし(毎年条件が変わります)、重要科目である「生命科学」
に集中して勉強できるからです。年齢に関しては、私が教えた生徒さんで医学部に学士
編入なさった方の中には、30代後半のかたも、40代半ばの方もいらっしゃいますので、
心配はいらないかと思いますが、いかがでしょう。Better late than never!ですよね。
ただ、少し心配なのは2,3年後だと現状のような学士編入試験が続けて
行われているか分かりませんので、海外からでも情報はチェックしてくださいね。

必要な英語力、留学に必要な手続きについて、何かご質問等ありましたら、
ご連絡下さい。ご協力いたします。
私も30歳を過ぎて、妻と子供3人を連れてオーストラリアに留学し、充実した日々を
送れました。(もちろん、辛いこと、大変なこともありましたが)

ぜひともunoさん、がんばってください!!!

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム