大槻 圭将(不動産業 不動産コンサルタント)- コラム「B023.一棟モノ購入後にやっておきたい3つのこと vol.02」 - 専門家プロファイル

大槻 圭将
運用は慎重に。同じ心の温度で長期的ビジョンをお手伝いします。

大槻 圭将

オオツキ ケイショウ
( 東京都 / 不動産業 不動産コンサルタント )
株式会社ノースエステート 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.4/66件
サービス:0件
Q&A:222件
コラム:324件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0120-937-795
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

B023.一棟モノ購入後にやっておきたい3つのこと vol.02

- good

B.堅めの賃貸マンション経営 2016-03-09 15:54

無事決済が終わり稼働を始めた物件。

ここでやっておきたい二つ目のこと。

それは「所有物件がそのマーケットの中でどのポジションに位置するかを把握する」ことです。

その方法は「前後1駅、計3駅の地場仲介業者、そしてそこにつながるターミナル駅の仲介業者を回る」ことが一番の近道です。

私どもノースエステートは管理会社として当然行っている業務ですが、実はオーナーにもお勧めしています。

自ら仲介業者を回ることで少なくとも下記は把握できます。

・賃料、礼金、広告料の設定が妥当かどうか

・エリア特有のニーズの有無(バイク置き場等)

・近隣競合物件の動向

ついでに下記の質問もしてみてください。

「これ、空室になったら気が重い?」

この質問から得られるヒントは、空室対策に直結します。

この足を使っての業者訪問は、今後の不動産経営において、その経営者たるオーナーに多くのメリットをもたらします。

空室対策のアイデアや施策の確度が高まり、また管理会社との話し合いも現状を把握していればスムーズに進みます。

買って終わり、任せて終わりでは多くの落とし穴がある不動産経営。

最初だけでいいのでぜひ実践してみてください。


空室対策セミナー「任せる管理」の落とし穴とは?

http://www.nos-estate.co.jp/seminar.html





プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム