小谷田 仁(歯科医師)- コラム(77ページ目) - 専門家プロファイル

小谷田 仁
約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

小谷田 仁

コヤタ ヒトシ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
Q&A回答への評価:
4.5/64件
サービス:0件
Q&A:239件
コラム:768件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

768件中 761~768件目RSSRSS

自分で取りはずせる歯列矯正の装置

よくある歯列矯正の質問シリーズ (質問)自分で取りはずせる歯列矯正の装置があるって聞いたんですが? (回答) 取り外しの出来る、いわゆるレジンアライナー(商品名、インビザライン、クリアライナー)が歯列矯正の装置として用いられています。 ただし、治療できるケースは、歯の混み方が小さい、すき間の小さいすきっ歯の症例など 限定された症例に用いられ、抜歯が必要なケース...(続きを読む)

2008/02/12 03:57

歯列矯正の料金は高いと聞きましたが?

【よくある歯列矯正の質問】 (質問)歯列矯正の値段は高いと聞きましたが? (回答) ご自分の治したいと思う部分に限定した部分的な歯列矯正であれば、比較的低い治療費で歯列矯正の治療ができます。表から見えない舌側矯正の部分矯正だと総額(基本料+装置料+チェック料)で60万円以下です。装置をメタルやセラミックにすればもっとお安くなります。 治療期間も部分矯正であれば、半年程で...(続きを読む)

2008/02/11 03:13

差し歯やブリッジの歯があっても歯列矯正はできる?

可能です。いずれの場合にも歯列矯正の治療には支障ありません。 基本的には、装置を付けるため、仮のプラスチックの歯に変えて歯列矯正の治療します。 ただし、患者様の希望がある場合は外しません。 青山審美会歯科矯正クリニック(渋谷駅・表参道駅)(続きを読む)

2008/02/08 15:02

歯列矯正治療はいつ頃から開始?

噛み合わせの状態や不正咬合の程度は個人によって違いますので、最適な歯列矯正の治療開始時期は一概にはいえません。早めに治療した方が効果が高い場合と、少し待ってもよい場合があります。気づいた時点で早めにご相談していただければ、その方にとって最適な治療開始時期をお知らせいたします。 また、上下全体の矯正治療でなくても、治療期間の短い、部分的な歯列矯正で終わる場合もありますので、まずは無料相談に...(続きを読む)

2008/02/04 04:29

受け口のせい? だんだん顔が大きくなっている?

歯列矯正でよく聞かれる質問シリーズ (質問)受け口のせい? もうじき高校生ですが、だんだん顔が大きくなっている気がします。 (回答) 一般に受け口の傾向がある悪い噛み合わせの場合、顎の成長に伴って噛み合わせの状態は悪化します。 なぜなら、上顎の成長は中学生くらいでほぼ完了しますが、下顎は背が伸びる限り成長し続けるからです。 顔が大きくなっているような気がするのは、...(続きを読む)

2008/01/30 10:13

大人の矯正の場合、歯科医院選びで注意することは?

よくある歯列矯正の質問 (質問)大人でも矯正できますか? 大人の矯正の場合、歯科医院選びで注意することはありますか? (回答)矯正は大人でももちろんできます。当院では、20代〜50代の患者さんが中心です。 成人は子供に比較して、生体としての歯の改造反応も遅く、顎関節症などを伴うことも多く、また歯の根や歯周組織に病理的な変化が出る可能性が高いことに注意して歯列矯正の治療を行っ...(続きを読む)

2008/01/28 02:12

米国歯科大学院同窓会(JSAPD)

米国歯科大学院同窓会(JSAPD) 米国歯科大学院同窓会(JSAPD)総会・クローズドセミナー・公開セミナーが2008年 1月12日〜13日、新宿京王プラザホテルにて開催されました。 米国歯科大学院同窓会(JSAPD)は1991年に創立された大変ユニークな会です。この会の大きな特徴はその会員資格にあります。 会則の会員資格には会員になる為に米国あるいはそれに準じた国の大学院を修了しサーテフィケートあるいは Mast...(続きを読む)

2008/01/16 13:17

2008年の舌側矯正の講演、歯科学会活動

2008年の舌側矯正の講演、歯科学会活動 青山審美会歯科矯正クリニックの小谷田です。 2008年は私にとって学術的な達成の年になると思います。 ---- 3月20日には日本舌側矯正学術会(JLOA)総会で私の27年の舌側矯正の歴史と最新の術式を講演する予定です。 ---- 3月29日、バンコク(タイ)で開催される第6回アジア・パシッフィク矯正学会(APOC)総会にて 「舌側矯正による開咬症例咬合の再構成 (O...(続きを読む)

2008/01/07 01:50

768件中 761~768件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム