小谷田 仁(歯科医師)- コラム「(写真)生後1ヶ月の赤ちゃん、将来ガミースマイルのようになる?」 - 専門家プロファイル

小谷田 仁
約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

小谷田 仁

コヤタ ヒトシ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
Q&A回答への評価:
4.5/64件
サービス:0件
Q&A:239件
コラム:777件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

(写真)生後1ヶ月の赤ちゃん、将来ガミースマイルのようになる?

- good

歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 出っ歯・上顎前突(じょうがくぜんとつ)・歯ぐき 2012-03-24 14:58

(質問)

生後1ヶ月の赤ちゃんです。上歯茎が前に出ているような気がするのですが、将来ガミースマイルのようになりますか?
写真が分かりづらくてすみません。寝てても、唇が上下閉じていないことが多く、よく下唇が奥にに下がっています。
やはり上歯茎の骨格自体が前に出ている感じなのでしょうか?

 

回答

大変ご心配とは思いますが、生後1ヶ月の赤ちゃんでは、顎の関節の位置は安定せず、歯も出ていないので、下顎は後退した位置にあります。この段階では、将来ガミースマイルのようになるかの判断は出来ません。

アメリカ矯正学会は、あなたのお子さんが7~8歳になったら矯正専門医に、矯正の相談してくださいと宣伝しています。
これは、基本的に前歯4本が出てから、予防的矯正が一般的に開始されること。
および、矯正治療受けるためには、治療受ける本人の矯正にたいする最低限の理解と自覚が必要であり、あまり早期に矯正開始すると子供に精神的なストレス与えることになるので、7~8歳ぐらいになれば矯正する意味が本人にも分かる様になるということでしょう。
また、子供の矯正治療で早めに、7~8歳で治療した方がよいケースとは、出っ歯受け口の様に上顎と下顎の前後的な成長のズレがあるケースになります。

大人の前歯が出るまで、心配しないで、伸び伸びとお子さん育てて下さい。そして、親が心配するあまり、無用な心理的ストレスお子さんに与えないようにして頂きたいと思います。

青山審美会歯科矯正クリニック(JR渋谷駅、表参道)
〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-9-9 アサックスビルB1 TEL03(3409)3849
院長の専門分野 舌側矯正(ぜっそく矯正)、リンガル矯正、裏側矯正

 

幼児、子供の矯正に関する質問と回答(原因、治療法、料金、期間など)
http://www.aoyama.or.jp/yahoo_kodomo.html

出っ歯、上顎前突、歯ぐき
http://www.aoyama.or.jp/orthod_depa.htm

アメリカ矯正学会
アメリカ合衆国の矯正歯科医の大半(約95%)が参加している。すべての矯正歯科医は歯科医師であり、同時にアメリカ歯科医師会に所属していることが多い。アメリカ合衆国において、矯正歯科医は歯科の専門医であり、歯科矯正学に関する診断、予防、治療についての最低二年間の認可された矯正歯科研修プログラムを完了した者だけが、これを名乗ることができ、また、アメリカ矯正歯科学会に加入することができる。Wikipedia

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム