小谷田 仁(歯科医師)- コラム「(写真)小学校の頃、歯列矯正をし、全く治らず矯正装置を外して」 - 専門家プロファイル

小谷田 仁
約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

小谷田 仁

コヤタ ヒトシ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
Q&A回答への評価:
4.5/64件
サービス:0件
Q&A:239件
コラム:777件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

(写真)小学校の頃、歯列矯正をし、全く治らず矯正装置を外して

- good

歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 開咬(かいこう)、オープンバイト 2011-08-25 13:21

(質問)

現在23歳です。小学校4年生から中3の秋まで歯列矯正(唇側)をしていましたが、全く治らず(当時の歯科医曰く、初経があったせいで骨格が変わったとかなんとか)、勿体なかったですが受験期を機に外してしまいました。難しい、と言われたことがあります。
中心を合わせると奥歯がズレます。奥歯はちゃんと下の歯が内側に入っているのですが、前歯は下の歯にふれないし、横から見ると2ミリくらい前に出ています。八重歯が浮いてる感じで、隙間が空きます。発音もチ、ツ、とサ行が若干言いづらいです。舌の長さのせい?と思っていましたが、歯のせいでしょうか。
これから矯正するとなると、どんな治療になるのか教えていただきたいです。

(回答)

写真を見させて頂いた限りでは、いわゆる開咬(オープンバイト)と下顎前突を
伴う前歯反対咬合の状態です。

発音もチ、ツ、とサ行が若干言いづらいのは、この開咬(オープンバイト)が主な原因です。
あなたの場合は、下顎が上顎に比較して発育がよい(過成長)、骨格性の反対咬合と思われますので、
理想的な咬みあわせを作るためには下顎の糸切り歯の後ろの歯を2本抜いて、下の前歯を舌側に引っ込める必要があると思われます。
また、中心を合わせると奥歯がズレる、奥の歯の咬み合わせの問題も解決する為には。
上下全体に矯正装置を装着して、矯正治療をすることになります。

いずれにしても、しっかりとした検査・診断をした上で、ご本人の希望にそった治療方針が決定されることになります。

青山審美会歯科矯正クリニック(JR渋谷駅、表参道)
〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-9-9 アサックスビルB1 TEL03(3409)3849
院長の専門分野 舌側矯正(ぜっそく矯正)、リンガル矯正、裏側矯正


開咬の矯正の治療法
http://profile.ne.jp/pf/koyata/q/q-40449/

歯科矯正後に、放置したら、また、歯並びは歯科矯正前の悪い状態に戻ってしまいますか。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1150691296

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム