小谷田 仁(歯科医師)- コラム「(写真)息子(6歳)が学校検診で『過蓋咬合』と言われ、噛み合わ」 - 専門家プロファイル

小谷田 仁
約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

小谷田 仁

コヤタ ヒトシ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
Q&A回答への評価:
4.5/64件
サービス:0件
Q&A:239件
コラム:777件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

(写真)息子(6歳)が学校検診で『過蓋咬合』と言われ、噛み合わ

- good

歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 過蓋咬合(かがい咬合)、クローズド・バイト 2010-12-22 17:47

息子(六歳)が、学校の検診で、『過蓋咬合:かがいこうごう』と言われました。 言われて気にして見ていたら、噛み合わせが全く合っていなくて心配です。
食べづらい様で、ご飯食べるのに時間がかかります。
癖で、噛み合わせを自分で合わそうとして、強制的に下顎を前に突き出して『アイ~ン』みたいな感じにしてしまいます。
このまま様子を見てて大丈夫ですか?ちなみに、乳歯はまだ一本も抜けていません。お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

 

(回答)
アメリカ矯正学会は、あなたのお子さんが7~8歳になったら矯正専門医に、矯正の相談をしてくださいと宣伝しています。
これは、基本的に前歯4本が出てから、予防的矯正が一般的に開始されること。
および、矯正治療を受けるためには、治療を受ける本人の矯正にたいする最低限の理解と自覚が必要であり、あまり早期に矯正を開始すると子供に精神的なストレスを与えることになるので、
7~8歳ぐらいになれば矯正する意味が本人にも分かる様になるということでしょう。
また、子供の矯正治療で早めに、7~8歳で治療した方がよいケースとは、出っ歯受け口の様に上顎と下顎の前後的な成長のズレがあるケースになります。
したがって、過蓋咬合でも、上顎と下顎の前後的な成長のズレがなければ矯正を急ぐ必要はありませんし、上下前歯4本が乳歯から永久歯に生え変わった時点で矯正歯科専門医に相談して下さい。
大人の前歯が出るまで、余計な心配をしないで、伸び伸びと息子さんを育てて下さい。そして、親が心配するあまり、無用な心理的ストレスを息子さんに与えないようにして下さい。

子供の矯正
http://www.aoyama.or.jp/yahoo_kodomo.html(質問と回答)

過蓋咬合(かがいこうごう)
http://www.aoyama.or.jp/kagai.html

歯列矯正の青山審美会歯科矯正クリニック(東京JR渋谷駅、表参道)
〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-9-9 アサックスビルB1 TEL03(3409)3849

院長の専門分野 舌側矯正(ぜっそく矯正)、リンガル矯正、裏側矯正

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム