小谷田 仁(歯科医師)- コラム「なぜ噛み合わせが悪くなるのか」 - 専門家プロファイル

小谷田 仁
約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

小谷田 仁

コヤタ ヒトシ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
Q&A回答への評価:
4.5/64件
サービス:0件
Q&A:239件
コラム:777件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

なぜ噛み合わせが悪くなるのか

- good

歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 2008-09-27 11:10
<歯列矯正・噛み合わせ よくある質問>

なぜ噛み合わせが悪くなるのか

噛み合わせが悪くなる要因には、顎の骨と関節の発育が大きく関わっています。
もちろん先天的な遺伝要因もありますが、幼い頃の食習慣等の後天的環境要因も影響すると言われています。

顎の発育は妊娠初期からもうすでに始まっています。
胎児のときの頭の重心、生まれてからのお乳の吸い方、離乳期の物をかむ練習の仕方、幼児期や学齢期によく噛む習慣を身につけたかどうかなどの要因が、顎の正常な発育・成長や噛み合わせに影響するのです。

この成長の時期に、正しくしっかり顎を使ってきたかどうかで成人後の歯並びや噛み合わせが変わってきます。
顎、特に歯を支える骨(歯槽骨=しそうこつ)は噛むことによって発育します。子供のころに柔らかいものばかり食べていると、顎が十分に発達しないので、狭い顎のなかで歯がひしめき合う状態になる可能性が高くなるといえます。

これに、歯の大きさと顎の大きさの不調和等の遺伝的要因が加わると、八重歯などの悪い歯並び、噛み合わせになります。
歯並び、噛み合わせが悪いと物をうまく噛めないし、むし歯や歯周病の原因にもなります。

悪い噛み合わせを治すには、歯の矯正治療(歯列矯正)が必要です。
また、悪い噛み合わせは顎の関節にストレスを与えて、頭痛、肩こり、不眠症の原因になることもあります。この場合には、マウスピースなどを用いると症状を軽減出来るといわれています。

(関連サイト)

八重歯を矯正で治療する
http://www.aoyama.or.jp/orthod_sousei.htm
悪い噛み合わせがこんな病気を引き起こす(1)
http://www.aoyama.or.jp/72.html

青山審美会歯科矯正クリニック(渋谷駅・表参道駅)
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム