小谷田 仁(歯科医師)- コラム「増加する現代病「顎関節症」 とは?」 - 専門家プロファイル

小谷田 仁
約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

小谷田 仁

コヤタ ヒトシ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
Q&A回答への評価:
4.5/64件
サービス:0件
Q&A:239件
コラム:777件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

増加する現代病「顎関節症」 とは?

- good

歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 2008-09-21 22:28
<歯列矯正・噛み合わせ よくある質問>

増加する現代病「顎関節症」


正常な噛み合わせの要件には自然に口が大きく開くということもあげられます。これは顎の骨や関節、筋肉が正しく機能しているかどうかに関わっているからです。

現在、あくびや大声を出しただけで顎が痛むという人が増えているといわれます。
これらの症状は「顎関節症」と呼ばれ、口が開けられなくなります。これは顎の筋肉が鍛えられていないため、関節が弱くなっているといわれます。アイドル時代に休業した歌手の森高千里さん、また、コンサートを中止した松浦亜弥さんの病気も顎関節症だと言われています。
顎関節症は、顎の筋肉だけでなく、噛み合わせのズレが原因となって起こる場合も多く、ストレスによって夜中に歯ぎしりをしたり、過度の緊張で奥歯をずっと噛み締めた状態にしていると、顎の関節に大きな負担をかけます。口を開けたとき、耳の下にある顎関節がカクカク鳴る人は、軽度の顎関節症かもしれません・・。

歯ごたえのある固いものを食べなくなると、顎の筋肉や関節が弱わるため、噛み合わせが悪くなり、ストレスが追い打ちをかけ顎関節症になると考えられます。顎関節症は、まさに現代社会が生み出した病気と言えるでしょう。

青山審美会歯科矯正クリニック(渋谷駅・表参道駅)

顎関節症の関連QA
 顎の痛み、噛み合わせが関係しているのですか?
 http://profile.ne.jp/pf/koyata/qa/detail/20705
 顎関節症 http://www.aoyama.or.jp/gaku.html
 顎関節症かも…
 http://profile.ne.jp/pf/koyata/qa/detail/14898
 舌足らずなしゃべり癖や顎関節症は、歯の矯正をすれば直るのですか?
 http://profile.ne.jp/pf/koyata/qa/detail/20480
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム