国府谷 明彦(厚生労働省認定 産業カウンセラー)- Q&A回答「『自分の人生の幸せは何か』を貪欲に考えてみませんか?」 - 専門家プロファイル

国府谷 明彦
うつや不安・ストレス・悩みの改善に認知行動療法をお勧めします

国府谷 明彦

コオヤ アキヒコ
( 東京都 / 厚生労働省認定 産業カウンセラー )
カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長
Q&A回答への評価:
4.4/47件
サービス:12件
Q&A:91件
コラム:110件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

既婚女性が仕事に生きがいを見出すことについて

2014/11/20 17:27

初めてご相談いたします。30代後半、子供なしの既婚女性です。
先月、夫の転勤に伴い首都圏から田舎へ転居しました。

私は「子供」か、「自分にとってやりがいのある仕事」か、
どちらかのために粉骨砕身することで人生が充実すると考えています。

夫は単身赴任を嫌がったため、今回の転勤についてきたものの、
現在の居住地では、これまで続けてきた某業界の仕事はないため、
「自分にとってやりがいのある仕事」は諦めなければなりません。

一方「子供」に関しては、夫が数年前からEDになってしまい、
同居しているからといって妊娠の可能性も低い状況です。
夫は不妊検査にすら非協力的で、現在なんとか説得している最中です。
なお、夫婦間で「不妊治療はタイミング療法まで」という意見では一致しています。

すなわち私たち夫婦の現状は、

 ・子供については、不妊でなかった場合も授かるかどうかは運任せ。

 ・仕事については、私が就業先へ転居し別居婚の形を取れば確保できる。
(夫は同居を強く希望しているため将来、離婚問題に発展する可能性あり。)

毎日、このまま同居し子供を待つか、別居婚で仕事を取るかで揺れ動きますが、
子供よりも確実性の高い仕事の方が、未練が強くどうしても諦めきれません。

結婚後、家事分担してくれない夫のために、正社員を辞めて派遣に甘んじ、
妊活開始(不妊検査、ED治療)も、夫を責めないように根気強く待つなど、
私は私なりに、夫と夫婦でいたいからこその犠牲を払ってきたつもりですが、
夫はこの点について、自分から感謝の気持ちを表してくれたことはありません。

夫婦の今後のことなので、話し合おうと何度も試みていますが、
夫は、別居婚など自分の意に沿わない議題になると話をそらすので、
結局のところ、深い意味での意見交換はできずに終わってしまいます。

既婚女性、特に転勤族の妻が仕事に生きがいを見出すことについて、
夫の理解を得るにはどうしたらよいでしょうか?
アドバイスをいただきたく、よろしくお願いいたします。

mi2008さん ( 鳥取県 / 女性 / 37歳 )

国府谷 明彦 専門家

国府谷 明彦
心理カウンセラー

- good

『自分の人生の幸せは何か』を貪欲に考えてみませんか?

2014/11/20 18:46
( 2 .0)

 こんにちは。聴心館 国府谷です。mi2008さん,夫の転勤に際し仕事をあきらめて地方に来たものの,妊活に協力的でない夫のありように,生きがいとなる仕事も子どもも希望を絶たれたように感じる状態で,なんとも気持ちが収まらない状態ということなんですね。そんなお気持ち,お察しします。

 聴心館では,精神医学や脳神経科学をベースに認知行動療法を中心とするカウンセリングをしています(医師法における診断・治療行為は致しません)。もう少し自分を中心に,自分の幸せを考えてみても良いのではありませんか?

 mi2008さんの文面の中で,『夫は単身赴任を嫌がったため、今回の転勤についてきた』こととか『妊活開始(不妊検査、ED治療)も、夫を責めないように根気強く待つ』こととか話されていました。mi2008さんが夫の気持ちを含んで歩んでこられたこと,とてもよくわかります。思いやりのある方なんですね。それだけに,仕事をあきらめてついてきたことや子どもを授かることへの思いを,夫が理解してくれないことが一層腹立たしいのだと思います。ここまでよく頑張られたと思います。

 mi2008さんの心の中に,『妻が譲歩するもの』といった考えが多少見え隠れする感じがします。男女が同等の現代ですから,もっと自由に考えても良いのではありませんか? mi2008さんはご自身の幸せをもっとおいかけてもいいのではないかと思うのです。360度いろいろなことを考えても良いのですが,子育てと仕事という2度だけを考えている,つまり,二者択一でだけ考えているような感じがします。

 たとえば,自分の幸せのために仕事を選ぶにしても,夫を振り切り離婚してでも仕事をえらぶ道もあれば,夫を説き伏せて単身赴任してもらい自分が東京に戻って仕事をする道もあります。自分の幸せのために,どんなことでも考えてみる事が必要です。そして,自分の幸せの中に『夫の幸せ』も含まれているのならば,そのまで広げて考えることも360度の意味になります。妊活についても同じ事です。

 一度の人生ですから,自分が後悔しなくて良いように,しっかりとあらゆることを考えてみて下さい。限られた条件の中でしか生きられない訳ではないのですから。すべては白紙です。ここから,白紙のキャンバスに思いっきり絵を描くつもりで,考えていきましょう。いつでも相談にのります。mi2008さんが幸せを得られることを祈っています。

評価・お礼

mi2008 さん

2014/11/21 14:50

ご回答ありがとうございました。

単身赴任については既に何度も交渉していますが、
別居婚に踏み切れば、いずれ夫から離婚を切り出されるものと思われます。
私としては、人生の伴侶に選んだかけがえのない相手ですので、
今回、離婚に至らぬように夫の理解を得る方法をご相談しておりました。

私ではなく、夫の『妻が譲歩するもの』という考え方に私が合わせてきましたが、
『妻の幸せ』のために、夫にも、私に歩み寄る意思を持ってもらいたいと願っています。
その気持ちを持ってもらえて初めて、別居婚を含めたあらゆる人生の選択肢について、
夫婦としての結論を導き出し、前に進めるのではないでしょうか。

夫との対話を試みつつ、後悔のない選択をするための判断材料を集め、
何かを得れば何かを失う覚悟で、納得のいく結論にたどり着ければと思っています。

国府谷 明彦

2014/11/21 15:58

mi2008さん,メッセージをありがとうございます。

 私共の考え方にあるのは,1000人いれば1000通りの価値観があるということが前提です。mi2008さんにとっては掛け買いのないご主人。でも,今のご主人の価値観を断固変えなかったときにどうするかという意味でお答えをしていました。

 相手にも歩み寄る余地があるとmi2008さんがお考えであれば,まず話し合うことが必要になりますね。ただ,『相手の考え方を変えられる』というスタンスでいくと,上手くいかないことが多いのです。『相手が自分の意志で考えを変える』というスタンス,結局の所,夫婦といえども別人格で,相手の人生を左右することはできないという前提を思い出していただきたかったのです。

 mi2008さんが,ご主人のスタンスに合わせて不自由を感じている。今度は,その逆をご主人に提案するということですね。ようは,ご主人がどこまで納得するか,それはご主人にしかわからない。他の誰に相談してもわからないことです。そこで,ご主人がスタンスを変えてくれなかったときにどうするかをお答えしたわけです。話し合いの中で,お互いの譲歩が得られて納得の得られる結果となられるよう祈っております。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム