川井 太郎(整体師/あん摩マッサージ指圧師)- コラム「首こりの真犯人!急増する『ストレートネック』の危険性」 - 専門家プロファイル

川井 太郎
身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

川井 太郎

カワイ タロウ
( 東京都 / 整体師/あん摩マッサージ指圧師 )
川井筋系帯療法治療センター 院長
Q&A回答への評価:
4.5/106件
サービス:0件
Q&A:374件
コラム:204件
写真:3件
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

首こりの真犯人!急増する『ストレートネック』の危険性

- good

プロが教える頭痛・首肩こり改善法 2015-03-16 10:43

首が真直ぐ?!『ストレートネック

ストレートネック』とは、

頭を支える背骨の首の部分(頚椎)が側面(横)から見て

まっすぐな配列状態になってしまう障害です。

「身体のゆがみ」って言葉もあるんだから、脊柱(背骨)は、曲がっているより

真直ぐなほうがいいんじゃないの?!って思う方もいるかもしれませんね。

 

確かに、ある意味では、正解と言っていいでしょう。

体の中心にある脊柱(背骨)は、できるだけ横方向に湾曲していないほうが、

体をしっかりと支えることができてよいと言えます。

でも実はこれは、体を前後から見た場合の話で、体を側面(横)からみると、

本来、脊柱(背骨)は、前後にカーブした湾曲構造(生理的湾曲)をしています。

人間の脊柱(背骨)は、24個の骨(椎骨)で出来ていて、大切な脳を守るため

頭部への衝撃をできるだけ少なくするように、脊柱全体が適度に前後湾曲し、

バネのようになって柔軟に衝撃を吸収できる構造をしています。

そして、頭のすぐ下、首の部分は7個の頚椎から成り、

通常は前側にカーブした配列の緩やかな湾曲構造(頚椎前湾)となっています。

 

しかし、『ストレートネック』の場合は、

頚椎の生理的な湾曲構造が損なわれてしまうので、頭頚部への負担がより大きいといえます。

そのため『ストレートネック』になると、椎骨が変形したり、椎骨と椎骨との間にある椎間板と

呼ばれる軟骨がつぶれたり、首周辺の筋肉が固く緊張したままになったりして、

首や肩、背中、腕へなどのコリや痛み、しびれとなって現れやすいのです。

 

ストレートネック』が生じる原因は、

以前は、転倒や事故によって頭頚部を打撲した場合や交通事故のムチウチの後遺症など

主に外傷による場合でした。

しかし、最近では、このような特別な事情が無くても、長時間のパソコン作業による『IT猫背』や

下を向いた『スマホ』操作をされる方に、よく『ストレートネック』が見られます。

ある病院の調査では、最近は、首や肩、背中などに痛みやこり、しびれを訴える患者さんの9割に

『ストレートネック』が見られるとも言われています。

 

また、『スマホ』普及率が70%を超え、若年者を中心にスマホ依存(中毒)度が高い韓国では、

保健福祉省所管国民健康保険公団が、20代を中心に頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアが

急増しているとの調査結果を発表しています。

2007~11年の頸椎椎間板ヘルニアの患者数は、年平均で8%も増えていて、

特に11年は前年比で12%も増加。人口10万人当たりの11年の増加率は、

20代が15%と最も高く、うつむいた姿勢での『スマホ』の使い過ぎが一因とみられるといいます。
 

スマホ操作時の正しい姿勢とは?

 

会社や職場での仕事、学校や家庭での勉強あるいは趣味など、パソコンの画面に向かって

長時間『IT猫背』になっているのに加えて、さらに、空き時間があれば『スマホ』に依存し(支配され)、

下を向いて小さな画面に集中する。

このような日常生活のIT化が、みなさんの身体、特に大切な首へ多大いなる負担となっているのです。

肩こり&首こり解消!よく効くストレッチ・体操

 

以上、書籍【スマホうつ】より

 

よりくわしいIT猫背姿勢の解説や首肩こり、頭痛などストレートネックなどによる症状、

猫背の改善体操などは、拙著「スマホうつ」でもご紹介しています。

くわしくはこちら → http://profile.ne.jp/pf/kawaikinkeitai/c/c-124772/

 

仕事やプライベートでパソコンやスマホなどITツールをよく使う方、

頭痛、首肩こり、慢性疲労、自律神経失調症、うつ症状など感じる方、

自分には関係ないと思っている方も、

ぜひ一度お読みい参考にしてくださいね! 

 

 

本書は、小学館Webサイト「WooRis」でも紹介され、 また最近では、

市民図書館のみならず、大学図書館にも所蔵されるようになりました!

「スマホうつ」の元凶はコレ!首への負担が心の不調を招くと判明 

大学図書館にも所蔵!書籍「スマホうつ」

 

 

ブログカテゴリー

「身体のゆがみ」が及ぼす影響とは?? 

頭痛・首こり・肩こり・慢性疲労を改善!

喉の詰まり感・違和感 

頚性神経筋症候群・頚筋性うつ 

猫背矯正・治し方

スマホ症候群

頸肩腕症候群・胸郭出口諸侯群

四十肩・五十肩・肩関節周囲炎

肩甲骨・背中の痛み

 

 

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
海外でも認められた35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

 

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真