小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「ウェブサイト戦略」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ウェブサイト戦略 のコラム一覧

24件中 1~10件目RSSRSS

リードナーチャリングとウェブ解析

すいません。反省します。 11月は一本もコラム書きませんでした。 今日気づきました。 12月は心を入れ替えてがんばります。   皆さん、ご無沙汰です。環の小坂です。   リードナーチャリング。 見込み客に対して、継続的なアプローチを行い、徐々に取引に開拓していくことです。 法人であれば、業務システムやオフィス等高価なものや意思決定に関わる人が多いものというのは、即購入にはなりませ...(続きを読む)

2013/12/01 15:27

Web制作会社の今後の経営戦略は?

Web制作会社の今後の経営戦略は? 他のジャンルでこんな質問が出ていたので、自社のことでもあるので(笑)考えてみました。 http://profile.ne.jp/ask/qa_detail.php/22971 2000年に創業してからの流れとして ・ホームページは持たないと企業じゃない流れ(〜2002年) ・SEOなど効果を意識した流れ(〜2005年) ・情...(続きを読む)

2008/10/22 19:08

ウェブマスターは必要か?

ウェブマスターは必要か? 卓球の団体で女子が3位決定戦進出を決めました。 明日(17日)韓国と対戦します。 日本と韓国は似ているせいか、同じ種目が強かったりします。 野球や卓球などでライバルになりそうですが、共にフェアプレーで精一杯がんばって欲しいものです。 さて、企業にとってウェブ戦略というものは欠かせなくなっています。 ウェブの位置づけは企業にとって...(続きを読む)

2008/08/16 17:26

戦国WorldWide時代:人材登用

戦国WorldWide時代:人材登用 人材や外部のパートナー選定にも信長の考えは活きてきます。 他の戦国大名は世襲で家臣を選抜し、取引業者もそれまでの業者を変えず、 領国運営を行っていました。その結果、能力のある人が使われなかったり、 新しい情報が入りにくい状態にもなっています。 今の世の中に例えると、新卒・中途を問わず採用したら能力や適性を見定めて 配置したり、取...(続きを読む)

2008/05/08 00:00

戦国WorldWide時代:楽市楽座の考え

戦国WorldWide時代:楽市楽座の考え 信長の当時として画期的だった取り組みの一つとして楽市楽座があります。 古くの中国でも人やものを集める手法としてありましたが、当時の日本ではめずらしかったようです。 「誰でも商売ができ」「商売することによる税金はとらない」というのが楽市楽座ですが、 楽天市場の名前の由来にも楽市楽座があるように、インターネットの世界では非常に必要な考えです...(続きを読む)

2008/05/07 00:00

戦国WorldWide時代:舶来のものをどう受け入れるか

戦国WorldWide時代:舶来のものをどう受け入れるか 信長というとキリスト教を許可したり、鉄砲をいち早く戦闘の場に取り入れたりという進取の考えがありましたが、 これは日本は昔から海外の文化を取り入れて進化してきた国ですから、 信長だけというわけではありません。 が、何度か鎖国状態に陥ったり、取り入れ方を失敗したりしています。 古くは稲作や文字(漢字)、仏教や鍛冶などの技術...(続きを読む)

2008/05/06 00:00

戦国WorldWide時代:織田信長のすごさ

戦国WorldWide時代:織田信長のすごさ 織田信長がすごいと思うところは、当時としては画期的な変革をいくつももたらし、 日本史上まれにいる「分裂国家であった戦国時代」において日本統一の流れを作ったことです。 変革をもたらすために行ったことはことごとく「既成概念を変える」ことでした。 ・身分を問わない登用  実際に信長の周辺を見てみるとわかりますが、  他の...(続きを読む)

2008/05/05 16:45

優先順位を明確に

:*目的・目標は全員共通で持つ。 ここは前述したベクトルと同じですので、長くは書きませんが、 立場に関係なく、全員がこの認識を共通で持つ必要があります。 優先順位を明確に 目的に沿って優先順位をたてます。 予算(制作会社に支払う費用や広告費用など)やスケジュール、依頼主が確保できる時間などにも 限りがありますので、優先事項を明確にすることが大切です。 全部きちん...(続きを読む)

2008/03/18 09:00

ドキュメントを残す

ドキュメントを残す(ドキュメント以外は「なかったことと同然」) 打ち合わせなどで決まることもありますし、リーダーが指示する場合もありますが、 伝言ゲームを避ける意味でも誤解を生じさせない意味でも、 「全て文書などドキュメントで指示する」という姿勢は大事です。 これは日常業務の中でも「言ったじゃない」ということはおきますが、 文書がないものは誤解が生じるのは当然です。 ...(続きを読む)

2008/03/17 09:00

餅は餅屋

餅は餅屋で方針と共通ルール以外は餅屋に任せる 次に餅は餅屋です。 デザイナ・コーダー・SEOコンサル・広告運営・システムエンジニア・プログラマなど様々な職種の餅屋がいますが、 彼らに基本は任せます。 大まかな方針をリーダーが立て、ディレクタがそれを各職位に指示します。 ルール(機能要件やデザインの方向性、サイト構成、スケジュール、重要事項、ドキュメントのルールなど)を決め ...(続きを読む)

2008/03/17 00:00

24件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真