小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「検索ワードから見える「ユーザー」」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/90件
サービス:4件
Q&A:232件
コラム:1,592件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

アクセス解析・LPOの有効な活用方法 - 検索ワードから見える「ユーザー」 のコラム一覧

6件中 1~6件目RSSRSS

直帰率を改善していくために

直帰率を改善していくために 直帰率を改善していくためには、次のようなことが必要になってくる。 ・直帰率の高いページはどこかを把握する ・直帰率の高い原因を知る まずは、自社サイトにおいて直帰率の高いページを調べてみよう。そして、直帰率の高いページが集客施策を行っているページであれば、集客の効果が低い可能性が高い。是非、気をつけていただきたい。 次...(続きを読む)

2008/01/16 12:00

直帰率が高くなる原因

直帰率が高くなる原因 直帰率が高くなる原因は、主に以下のような点が挙げられる。 1. 集客元(リンク元)と入口ページの内容が合致していない この場合、ページを訪れた訪問者のリンク元や検索ワードなどを元に、ページの内容に検索ワードが含まれているか、リンク元の内容とページ内容は合っているかといった点を確認する必要がある。 2. 訪問者の探しているコンテン...(続きを読む)

2008/01/16 09:00

訪問者を直帰させない方法:直帰率改善1

訪問者を直帰させない方法:直帰率改善1 訪問者を直帰させない方法:直帰率改善1 前回『検索ワードから見える「ユーザー」』のコラムは、検索ワードを利用した「“正しい”サイト訪問者の見つけ方」について説明した。そこで今回は、検索ワードを利用してサイト訪問者をどのように繋ぎ止めていくか(直帰させないか)という話をしたい。 まず、サイト訪問者を繋ぎとめるためには、Web サイトに訪問した直後のページで離脱してしまう訪問者...(続きを読む)

2008/01/15 09:00

「ユーザーが検索するキーワードの傾向」は?

「ユーザーが検索するキーワードの傾向」は? もう1つは、検索ワードはただ上位を見ているだけではなく、「傾向値」を把握することが必要である。なぜなら、検索エンジンを利用するユーザーは、「ロングテール」という話もあるように、2ワード以上(キーワードの組み合わせ)を入力し、利用する傾向が強くなっているからだ。 例えば、「車」というワードで考えてみよう。利用するユーザーは、恐らく1...(続きを読む)

2007/12/14 00:00

「真の顧客」は誰か?

「真の顧客」は誰か? 「SEO を行った結果、○○という検索ワードでのアクセスが上昇した」という話を聞く。この場合 Web サイトのアクセス全体から見ての判断であることが多い。ただ、「○○という検索ワードでのアクセスが上昇した結果、申込(購入)数が上がった」ということが、本来は目指すべき目的であろう。 では、どうすれば目的を達成できるのか。それは、「購入に至ったユーザーの...(続きを読む)

2007/12/13 00:00

検索ワードから見える「ユーザー」

検索ワードから見える「ユーザー」 前回『アクセス解析を見る際の注意点(2)』のコラムまでは、アクセス解析自体の見方について説明を行ってきた。今回からは、視点を変えて細かい機能ごとの見方について説明を行っていきたい。 まずは、検索キーワードである。アクセス解析ツールを利用する目的として、「ユーザーの検索キーワードを把握したい」という目的は多数の運営者が持っているだろう。ただ、漫...(続きを読む)

2007/12/12 22:54

6件中 1~6件目

  • 1
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真