山川 純子(職務経歴書コンサルタント)- コラム - 専門家プロファイル

山川 純子
自分らしく働けていますか?

山川 純子

ヤマカワ ジュンコ
( 東京都 / 職務経歴書コンサルタント )
有限会社インタリスト ライフキャリアアドバイザー
Q&A回答への評価:
4.2/25件
サービス:4件
Q&A:46件
コラム:5件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-5537-7122
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

5件中 1~5件目RSSRSS

ビフォー・アフター法でアピールポイント(強み)を発見する

自己PRでアピールできることがないので、困っているというご相談を 受けることがあります。また、職務経歴書を拝見すると、単なる担当業務の 羅列という内容にとどまっている方もいらっしゃいます。 それでは、なかなか他の応募者との差別化ができませんね。 そこで、アピールポイントを発見するのにお勧めの方法をご紹介します。 名付けて「ビフォー・アフター法」 1つの仕事の前後を比較...(続きを読む)

2011/08/31 22:47

職務経歴書はなぜ2枚?

職務経歴書は2枚、多くても3枚以内にまとめるようにと、マニュアルにも書いてありますし、 コンサルタントからもアドバイスされていることと思います。 その理由をご存知ですか? 1つには、忙しい採用担当者にとって、枚数が多い職務経歴書に目を通すのが面倒だからと 言われます。しかし、応募する人にとって重要な理由は、2枚程度にまとめられた職務経歴書 から伝わる印象が一番良いからなんです。有能さが伝わりや...(続きを読む)

2011/02/22 15:43

職務経歴書の自己PR欄が有効なケース

最近、職務経歴書に自己PRを書いた方がいいですか、という質問を よく受けるようになりました。マニュアルや人材紹介会社で使われている 書式では、自己PR欄を別に設けているものがありますね。   職務経歴書には「自己PR」の項目を別に書かないことをお勧めします。   なぜなら、職務経歴書自体が、自己PR書のようなものですから、 本来なら、わざわざ、項目を分けなくてもよいはずですよね? ...(続きを読む)

2011/02/07 16:33

職務経歴書は応募先毎に変えるべき?

結論からいえば、職務経歴書は応募先毎に変えた方が望ましいといえます。 少なくとも、提出前にこれでよいかという確認は最低限必要といえるでしょう。   書き分けた方がよい理由は、 1.職務経歴書は、コミュニケーションの手段である 2.応募先を研究すれば、面接に呼ばれ採用される可能性が高まる ということです。   年賀状や日常のメールでも、こちらのことを考えて書いてくれたことが 伝わっ...(続きを読む)

2011/01/26 11:57

自分の強みを仕事で発揮するためには

  ご自分の強みを発揮して会社や顧客に貢献できれば成果もあがり、 やりがいを感じられるので、大変望ましいことですね。 しかし、なかなかそうもいかないということが、 キャリア相談にいらっしゃる方々のお話からわかります。   強みを発揮できない理由としては、 1.自分の強みを自覚していない 2.上司や周囲が強みを活かしてくれない 3.担当業務の中では強みを発揮できる場面が少ない 番...(続きを読む)

2010/12/20 17:58

5件中 1~5件目

  • 1
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム