飯村 真樹(建築家)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

飯村 真樹
「これまでの住宅業界の非常識と断固戦う住宅建築家」

飯村 真樹

イイムラ マサキ
( 茨城県 / 建築家 )
ファーストステージ 管理建築士・代表
Q&A回答への評価:
5.0/1件
サービス:0件
Q&A:2件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
029-225-6670
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

平成3年中央工学校 建築設計科卒業
平成3年住友不動産グループのリフォーム部署に入社
平成6年株式会社パナホーム城西に入社
平成8年最年少で一級建築士となる。(建築士法規定による。)
平成9年株式会社ファーストステージ 設立 代表取締役に就任
平成21年一般財団法人日本不動産コミュニティー 賃貸経営コンサルティングマスターとなる。
平成22年株式会社家づくり学校 設立 代表取締役に就任
現在に至る

1991年~1994年
不動産・リフォームの仕事
主な仕事の内容は、不動産販売の営業担当の方からの住宅(一戸建て・マンション)のリフォーム、増改築工事を行いました。この仕事から、仕事を得るためのスキルや、プラン、現場調査、見積り、施工管理、原価管理、集金といった建築業に必要な知識と経験を年間100件近く経験しました。設計やデザインだけでは建築は形にならないこと。また、予算のマネージメントの大切なこと。メンテナンスが大切だということを学ぶ。

実績

住友時代ー年間100件前後のリフォームの事業を経験

パナホーム時代ー最初から展示場がない開発という営業に配属される。ここは営業マンにとって最も厳しいポジションとも言える場所である。なにしろ大手メーカーの営業で展示場なし=集客ゼロなのである。しかし、その状況からあらゆる困難を乗り越えて年間18棟という記録を作りトップセールスになる。
トップセールス
営業という部署は非常にやっかいなところで、大手の場合は特に、展示場の担当になれるのは成績のいい順番になってくる。出展している展示場の会場の中でも、集客量の多いところに4番バッターを要員
し、受注率UPを目指す、そして打率が悪い担当はどんどんと来場数の少ない展示場の担当へと成り下がっていくのである、その最終駅が開発である。
その部署から、トップの成績を成し遂げ受賞も何回となく経験した。
営業の限界
いくら売れてもお客様には何もしてなかったのである、お客様は普通には喜んでくださっても、私のなかで腑に落ちない、納得できない理由があった。そう、家を売っていたのでは私のやりたかった建築の仕事ではなかったのである。
つまり、誰が売っても、作っても同じに出来るような建物は、建築ではないことに気付いてしまったのである、私が志す「本当の建築」とは大きく異なっている環境であったのだ。。。
TH大賞ー敢闘賞
そして、平成9年理想の建築を目指して独立。初めは、仕事もなく、今までお世話になっていたパナホームや先輩が転職したアイフルホーム、ダイワハウスの確認申請の代理申請やお金持ちのおばあちゃんのカバン持ち兼運転手もしながらだったが、弟の家を任せてもらった住宅で初めての受賞に輝いた。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A