真山 英二(不動産コンサルタント)- Q&A回答「個人暦年課税なのでできません」 - 専門家プロファイル

真山 英二
正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

真山 英二

サノヤマ エイジ
( 神奈川県 / 不動産コンサルタント )
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.7/422件
サービス:1件
Q&A:946件
コラム:96件
写真:2件
お気軽にお問い合わせください
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

扶養家族となった場合の住宅借入金特別控除

マネー 住宅資金・住宅ローン 2015/11/06 08:07

平成24年に自分名義(単独)で住宅ローンを組み、その後平成26年に結婚・出産しました。
育児のため、平成27年3月下旬に離職し、夫(会社員)の扶養に入ったのですが、この場合、夫の年末調整の際に住宅借入金特別控除の申請書を提出して、夫の支払った所得税から税金の控除を受けることは可能なのでしょうか。

よろしくお願いします。

zanteisyuhuさん ( 千葉県 / 女性 / 42歳 )

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

個人暦年課税なのでできません

2015/11/06 11:07

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

日本の個人に対する所得税の計算は、個人暦年課税となっています。
(個人単位の課税で、1月1日から12月31日までの所得で計算)
したがって、今回の様に、自分の税金の控除を
他人(夫)の所得税から控除することはできません。

あまり、お力になれなくて申し訳ありません。
少しでもお役に立てれば幸いです。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真