小川 亜紀子(しつけインストラクター)- Q&A回答「噛みつきの問題について」 - 専門家プロファイル

小川 亜紀子
問題行動の解決は飼主の意識改革から。しつけのコツを伝授します

小川 亜紀子

オガワ アキコ
( しつけインストラクター )
Dog Signal 
Q&A回答への評価:
4.7/89件
サービス:0件
Q&A:281件
コラム:18件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

2歳のポメラニアン

2013/12/30 20:36

初めまして。
2歳のポメラニアン、オスを飼っています。
家族構成は2歳と5ヶ月の男の子、主人、私の4人家族です。
噛み癖が酷く、何か感にさわると前兆もなく強く噛まれます。
お腹をみして服従?というのですか、触らしてくれますし、顔周りも触れます。
ですが、拾い食いなどして、怒ると噛まれます。
怒られた後に、悪いことをしたと分かっているのか、全身が震え、それでも、唸ります。
知人が訪ねてきて、自分から近づいていくくせに、噛みます。

インターホンがなっても吠えます。
おすわり、ふせ、まては全て出来ます。
どうしたら、噛まなくなりますか?

smam77さん ( 神奈川県 / 女性 / 25歳 )

小川 亜紀子 専門家

小川 亜紀子
しつけインストラクター

- good

噛みつきの問題について

2014/01/01 03:33

初めまして、Dog Signalの小川と申します。

文章を読む限り、人見知りもせず、お腹や顔まわりを触らせてくれてオスワリ、フセ、マテが出来るということは良い気質のコだと思いますが、信頼関係が築けていないのでしょう。
言い方を変えると、誤解を与える接し方・しつけ方をしているのだと思います。

怒った後に全身を震わせるとありますが、それは「悪いことをしたと分かっている」のではなく飼い主さんを怖いと思っているのです。
つまり、smam77さんは叱ってるつもりでもワンちゃんは叱られたと感じず、“攻撃された”と誤解しているのです。
そのため怒られた後に、「震えているのに唸る」という行動や「噛む」という行動が起こるのです。

何か感にさわると噛む、人に近いていくのに噛むというのは、きっと何か「攻撃される」「嫌なことをしてくる」と勘違いする行動を人が知らずにとっているのだと思います。

このような誤解を解く方法について、ワンちゃんを見ず文章だけでアドバイスすることは出来ないので、専門家を探して直接アドバイスを受けて下さい。

専門家に見てもらうまでとりあえずとしてやってみたら良いことは、ワンちゃんと接する際にたくさん褒めるように心がけて下さい。
あとは何かいけないことをしたら、強く怒ること(怒鳴ったり叩いたりすること)はせず、淡々とケージやクレートに入れるようにして下さい。
※「ハウス」のコマンドを教えていなければ、おやつを使ってケージに入れて下さい。捕まえて入れることはしないで下さい。噛まれたり、逃げる癖がついてしまうので。
「悪いことをしたら自由ではなくなる」と教えます。
拾い食いなど何かいけない物を咥えてしまった場合は、おやつと交換して回収して下さい。

叱ることは感情的に怒ることではなく、それはいけないと教えることです。
「何かいけないことをしたら自由がなくなり、何も悪いことをしなければ自由でいられて褒められる」と教えれば誤解を招くことはありません。

ぜひ良い専門家を探して、これまでの誤解を解いてより良い関係を築いて下さい!(^-^)

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム