佐藤大樹(引越しカウンセラー)- Q&A回答「体は機械じゃないことも理解してほしい」 - 専門家プロファイル

佐藤大樹
引越しのお悩み解決します

佐藤大樹

サトウダイキ
( 愛知県 / 引越しカウンセラー )
サービス:0件
Q&A:6件
コラム:151件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

体外受精前の子宮内膜ソウハ術について

心と体・医療健康 心と体の不調 2012/05/28 17:39

夫45歳、私33歳。結婚5年で子どもができず、昨年10月より不妊専門医にかかるようになりました。
 私が黄体不全気味であることと、夫の精子が通常の3~5倍いるのに運動率が25~33%程度と低いことがわかり、普通の夫婦生活での妊娠は難しいといわれました。
 自然周期で2回、刺激周期で2回AIHを行い、刺激時に一度陽性判定がうっすらと出ましたが、ホルモン値も低く、そのまま化学流産しました。

 体外に進むことになり、5/3に生理が来て5日からゴナールエフとゲストロンの注射を開始。15日に25個採卵でき、うち16個が受精。10個が胚盤胞まで育ち(うちAAグレードが4つ)、凍結されています。

 OHSSになってしまったので新鮮胚の移植は見送り。25日に生理がきてマーべロン内服を開始し、指示通り26日に受診したところ、「7/28に肺移植。その前に6/23と7/3に受診し内膜ソウハ」と言われました。

 内膜ソウハって、流産の後処置や、堕胎時に行うものではないかと思い、自分なりに調べてみました。
メリットとしては内膜がキレイになる、子宮への刺激で妊娠率が15~20%上がる。
デメリットとしては手術?なので危険はある、内膜が薄くなる等ということでした。

 私はお酒が全然飲めないので、採卵時の静脈麻酔も少量にしてもらったのですが利きすぎてふらふらになりました。また静脈麻酔で内膜ソウハを行うことに不安があります。

 何度も体外をしているのにうまくいかない、とか、ものすごく高齢であったりするわけではなく、初めての体外で凍結胚もたくさんあるのに、メリットばかりではない内膜ソウハまで行うことに抵抗があります。

 6/14にピルが終るため再受診なので、その際にまた先生とはお話してみようとは思いますが、その前に、子宮内膜ソウハについて、私が調べた以外のメリット・デメリットがあるのか知りたいです。(もしかして、7/28と移植日が確定されていることと関係がありますか?)

 デメリットを補って余りあるほどのメリットがあるのなら先生の言うとおりにしようと思いますが…必要以上にお腹を掻き回されるのはこわいのです。

 長々と書いてしまって申し訳ないのですが…詳しい先生、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願い致します。

補足

2012/05/28 17:39

回答ありがとうございます。
 私のかかっている病院は、結構成績もよく有名なところらしく、先生はエドワーズ博士の教え子であり、いまもよくメールや電話が来て最新の論文等に触れている、だからうちの治療は最先端、というのが自慢のようです。なので、ソウハ術はメジャーではないけれど、一歩先を行く治療なのかな、と思っていました。

 しかし、回答では「現在では」行われている病院は少ない、と書かれていましたね。以前は行われていたが、今はあまりメジャーではない、つまりどちらかというと時代遅れということでしょうか?

 ちなみに、ソウハ術を行うことによって内膜が厚くなりにくくなった、という話も聞きます。(堕胎を繰り返すと妊娠しづらくなる、もここに通づるのでしょうが)今までの治療では私は内膜が割に薄めで、ホルモン補充をしていましたからそのあたりも心配です。

 再度の質問で申し訳ありません。

エイムーさん ( 群馬県 / 女性 / 33歳 )

増子 大介 専門家

増子 大介
食事・栄養アドバイザー

- good

体は機械じゃないことも理解してほしい

2016/12/01 09:37

子宮内膜掻爬術とは、子宮内膜の全面の組織を採取する検査で、子宮の内膜を数か所検査する組織診のもっと大がかりな検査ってとこです。

要は子宮内膜表面の組織を全部かき出すってことです。

この件に関してはご自身でネットで情報を探すのではなく、医者になぜ必要なのか、どういったデメリットが考えられるのか、納得いくまで聞いてください。

子宮内感染やアッシャーマン症候群を起こす原因にもなるので慎重な判断をしてほしいです。

ただ私としてはもっとあなたやご主人の体を見つめ直すことが大事だと思います。

>>私が黄体不全気味であることと、夫の精子が通常の3~5倍いるのに運動率が25~33%程度と低いことがわかり、普通の夫婦生活での妊娠は難しいといわれました。

>>ホルモン値も低く、そのまま化学流産しました。

お互いに生理機能が低下してることが明らかです。

体質を改善し、お互いに生理機能を高めることがすごく大事です。

体は機械じゃありません。

『このパーツのここがサビてきたから、よし削っておこう』
『ここの動きが鈍くなってきたからオイルをさしておくか』
『もうここダメになったから交換だ』

もしかして今の治療はこういう感じになっていませんか?

参考になれば幸いです。

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム