福島 多香恵(ピラティスインストラクター)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

福島 多香恵
チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

福島 多香恵

フクシマ タカエ
( ピラティスインストラクター )
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
サービス:2件
Q&A:90件
コラム:176件
写真:74件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求
活動報告(※外部サイトへのリンクです)
弊社HP

経歴

ジャスダンスインストラクターの経験から椅子を使ったエクササイズ、チェアロビクスを創案。平成8年会社設立後「登録商標」を取得。研究を続ける中で身体の深層筋の重要性を実感し、ネバダ州立大学ドリーケラペス教授のもとピラティスを学ぶ。放送大学大学院において日本フィットネス協会会長宮下充正教授・臼井永男教授のもとチェアロビクスを研究。ゆっくりとした呼吸とともに美しい姿勢をつくる独自の運動レシピを完成させる。

1983年~1983年
学生時代
中学時代は演劇クラブに所属。森は生きている、リア王、鶴の恩返しなど、多くの名作と触れ合う。
1983年~1993年
20代
バレエで身体を整えながら、ジャズダンスインストラクターとしての活動をはじめる。ニュース番組の企画・構成・司会などにも関わる機会をいただく。身体教育学を極めるために、働きながら大学に通うことを決意する。
1993年~2010年
30代以降
チェアロビクスを創案。ピラティス専門スタジオにおいて指導経験を積み、ピラティスを基本にしたチェアロビクス独自のエクササイズレシピを完成。チェアロビクス専用グッズの開発に至る。心と身体は連動していることを実感する。お客様のお悩みにあわたエクササイズレシピを提供したい!そんな思いで普及活動を続けている。

実績

受講者数 約200000人

ニコ生放送局
東京FM「中西哲生のクロノス」
日本テレビシューイチ≪まじっすか≫
日刊ゲンダイ
月刊近代家具
月刊シナリオ教室
月刊総務
スターダストプレス
シンガポール月刊誌
25ans
市川市広報TV
中日新聞 
NHK梅雨時の運動特集
ヘルス&ケア
カルビー社内報
暮らしと健康
ホスピタン
イッツコミュニケーションズ
神奈川テレビ
毎日新聞
TBSおはようクジラ
学研フィッテ
チェアロビクス創案初期
市町村主催の高齢者を対象にした講座、ママのためのチェアロビクス講座、老人クラブ連合会主催による講座、法人会主催による講演会、毎日新聞カルチャーシティ主催による中高年の方を対象とした講座など多くの講座を実施しました。マスコミの取材も受けるようになります。また、ストレスコントロールに役立つチェアロビクスビデオも発売されました。
チェアロビクス創案中前期
日本チェアロビクス協会主催による若い女性をターゲットにした講座を多く開催しました。当時は丸めて、反って、縮めて、伸ばすことを中心に行っておりましたが、ウオーキングを交えたチェアロビクス講座にも人気が集まりました。また健康博覧会や世田谷区主催「健康のつどい」など多くのイベントに参加します
チェアロビクス創案中後期
市町村の主催「産後の引締め講座」「ゆがみを整える講座」に人気が集まります。また、NPO法人とのコラボレーション企画も駒沢オリンピック公園総合運動場などで開催。高齢者のグループや各地の介護福祉センターからも指導依頼が入るようになります。また、プライベートレッスンのニーズも高まリます。
チェアロビクス創案後期 
カルチャーセンターで肩こりを解消する講座を実施。民間のスタジオでも講座を開講。また、市町村主催によるメタボリック症候群を対象にしたチェアロビクス講座では70%以上の方の体脂肪が減る結果となります。セブン&アイ出版より「やせる椅子トレ~チェアロビクス入門~」出版。お腹が凹むチェアロビクスDVDも発売中。創案者開発のチェアロビクス専用クッションは東急ハンズなどの店頭にも並びました。
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真