大江 亜里朱(行政書士)- コラム - 専門家プロファイル

大江 亜里朱
女性行政書士が、あなた目線で起業をサポートします

大江 亜里朱

オオエ アリス
( 行政書士 )
大江ありす行政書士事務所 
Q&A回答への評価:
5.0/2件
サービス:0件
Q&A:9件
コラム:33件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

33件中 1~10件目RSSRSS

金融商品取引業の登録をしなくてもよい場合とは?

適格機関投資家等特例業務の届出について 1.他人から金銭などの出資を集め、 2.その金銭を用いて何らかの事業・投資を行い、 3.その事業から生じる収益等を出資者に分配するような仕組みはすべて 「有価証券」とみなされ、金商法の規制対象になります。 つまり、ファンド等の出資金の勧誘をするためには第2種金融商品取引業の登録、 さらに集めた資金を運用するためには投資運用業の登...(続きを読む)

2010/02/03 14:21

貸金業務取扱主任者資格試験合格しました!

貸金業務取扱主任者資格試験合格しました! 第1回貸金業務取扱主任者資格試験が8月30日に ありました。 私も受験しました。 10月1日に合格発表がありました。 結果は、、、 合格!!! うれしいです。(続きを読む)

2009/10/03 01:34

貸金業取扱主任者資格試験合格への道

今年度、貸金業取扱主任者が、国家資格になりました。 行政書士大江亜里朱は、エイプリルカフェで、 この資格試験短期合格講座の講師をしています。 また、この資格の試験概要や、勉強方法について 書いていくブログ を始めました。 興味のある方はご覧くださいね! 貸金業取扱主任者資格試験合格への道(続きを読む)

2009/06/28 00:49

投資助言・代理業の登録が必要な場合とは

投資助言・代理業とは、有価証券や金融商品の価値に関する アドバイスを業として行うことをいうことは前回説明しました。 でも自分(自社)の場合は必要かどうかわからない、という 方のために、ここでは具体的な例を挙げて説明しましょう。 1)FP ファイナンシャルプランナーが、お客さんに対し資産運用の 相談を受け、ある金融商品をオススメする場合。 ポートフォリオ作成だ...(続きを読む)

2009/05/19 00:16

投資助言・代理業とは

投資助言・代理業とは、 1)投資顧問契約に基づき、有価証券の価値等または金融商品の価値等に関する  助言を行うこと 2)投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介 のいずれかを業として行うことを言います。 業として行う、とは、報酬を得て継続的に行うことです。 金融商品取引法の施行に伴い、投資助言・代理業をはじめるには、 金融庁に登録が必要です。 ...(続きを読む)

2009/05/02 00:09

出会い系サイト規制についてその2

出会い系サイトの事業開始届出に必要な書類 届出に必要な書類は以下のとおりです。 ●個人の場合 1)事業開始届出書 2)住民票(本籍記載) 3)誓約書 4)登記されていないことの証明書 5)身分証明書(本籍地の役所で取る) 6)出会い系サイト事業のURLを使用する権限のあることを   証明する資料 など ●法人の場合 1)事業開始届出...(続きを読む)

2008/12/16 00:00

出会い系サイト規制について

出会い系サイトの規制について インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等 に関する法律(いわゆる出会い系サイト規制法)が一部改正され、 平成20年12月1日より施行されます。 これに伴い、出会い系サイト事業者に都道府県公安委員会に対する 届出が義務付けられました。 ●事業開始の届出 平成20年12月1日より、インターネット異性紹介事...(続きを読む)

2008/12/15 22:28

会社設立後に必要な手続きについて

会社設立手続きが終わって、さあこれから仕事がんばろう と思っている社長さん! 実は会社設立後にもいろいろな官公庁への届出が必要 なのです。 ここで簡単にご説明いたします。 1)税務署へ開業届を提出 会社の住所を管轄する税務署へ以下の届出を行います。 1.法人設立届出書 会社設立から2か月以内   添付書類として、定款のコピー、謄本のコピー、株主名簿等が必要 ...(続きを読む)

2008/09/19 01:59

ファンド(第二種金融取引業)の登録の人的要件

金融商品取引法の施行に伴い、ファンドを新しく始める場合は、 第二種金融商品取引業の登録が必要です。 新規登録には申請後約2ヶ月かかるといわれています。 さて、この第二種金融取引業の申請の一番のポイント ともいえる、人的要件についてまとめてみます。 人的要件のうち、特に注意することは以下の3つです。 1)コンプライアンス部門が、営業部門から独立していること。...(続きを読む)

2008/02/17 00:53

ファンド運営者がするべき手続は

金融商品取引法の施行により、ファンドとファンドを 運営管理している会社は以下の手続きが必要になります。 (1) 募集(契約)は終了しており、9月30日以降も  運用を続けるファンド 有価証券又はデリバティブで運用しているファンドは、3ヶ月以内に全てのファンドについて届出が必要です。 ファンドの運用はそのまま続けることができます。 ちなみに有価証券又はデリバティブ...(続きを読む)

2007/10/17 23:31

33件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム