普段から地震対策への意識を持とう!様々な対策方法を専門家が解説! - 専門家プロファイル

地震対策

普段から地震対策への意識を持とう!様々な対策方法を専門家が解説!

地震大国日本。普段から地震対策への意識は高めておきたいところです。そこで「地震に役立つアイテムって何?」「家庭で出来る地震対策ってある?」「外で地震にあったときはどうすればいい?」といった、地震対策への疑問や悩みに役立つ専門家の解説を紹介いたします。

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 防災

地震発生時に役立つアイテム

  • 準備チェックリストと地震対策チャート

    ■チェックリスト -職場においておくべき防災グッズ 必須アイテム ・予備のメガネ(メガネの方向け) ・持病の薬(あるかたは必須) ・スニーカー ・水、ゼリー飲料 ・自宅までの地図 etc -地震対策チャート ・自宅は築30年以上だ YES→耐震補強かリフォームが必須です NO→即時に崩壊することはありません etc

  • ハザードマップの落とし穴と正しい理解(地震編)

    皆さんは地震ハザードマップ(または災害ハザードマップ、地震防災マップ)はご覧になった事があるでしょうか。 内容は「揺れやすさ」「地域の危険度」、そして地域状況に合わせて「液状化の危険度」「火災の危険度」「人的被害」などが掲載されています。

  • 普段から使える防災のヒント(老眼鏡)

    チョットした防災ネタになりますが、被災地で役立っていたモノや災害時に役立ちそうな防災ヒント集です。普段から使えるヒントなので覚えておいて損はないかと思います。 初回は中越地震、東日本大震災でも使えた防災ヒントです。 私自身、数年前から老眼が進んできまして、今になって母親の気持ちが分かるようになってきたのですが…

  • 帰宅困難時(災害時レスキュー)カード

    災害時の帰宅困難を想定して、最低限知っておくべき情報を掲載しています。また、自分自身に何かあった場合にも有効です。特に携帯電話などの充電がなくなっても対応できるように、連絡先や家までの道すじ、救急時の対処法などを記しています。目的に合わせてご自由に組み合わせ編集してご利用ください。

家庭で出来る地震対策と対処法

  • 家庭で行う地震対策(要約)

    優先順位があります。 1)死なない環境作り 2)早い生活再建の準備 地震対策といえばまず水とカンパンを想像しますが、地震で餓死するというのはきわめて希なケースです。災害大国日本の場合、少なくとも3日間待てば何かしらの支援を受けることができます。3日間であれば飲ず食わずでも死ぬことはありません。

  • 赤ちゃんや乳幼児がいる家庭の、地震発生時の対処と備えは?

    我が家には6歳と2歳の男の子がいますが、小さな子どもがいる家庭において地震対策について考えておくことはとても重要です。今日は1歳以下の赤ちゃん、乳幼児がいる家庭で地震が発生したさいの対応、また事前の準備について考えてみましょう。 赤ちゃんがいる世帯で地震が発生した際、重要な考え方は「小さくとも地震の揺れを感じたら、赤ちゃんの所へ駆け寄るようにする」ことです。具体的には…

  • 室内の地震対策は「3ないチェック」で!(画像事例集)

    東日本大震災や阪神・淡路大震災など過去の地震において、家具類が倒れて大ケガをしたり、家具の下敷きになり身動きが取れなくなるケースが多数ありました。今回は家の中で簡単にできる地震対策を、我が家を事例に具体的な画像でご紹介いたします。

  • DIYで耐震補強はできるの?

    DIYで耐震補強をしようと考えるのは自分でやりたいからという理由と、予算がかけられないからという理由があると思います。 ちょっとした電動工具を持っていて物を作る心得のある人なら、自分でリフォームするついでに耐震補強をDIYでやろうと考えるかもしれません…

外出時に地震が起きた時の対処法

  • 帰宅困難時に備える基本的知識!

    ■地震発生時の状況把握と連絡方法 外出時に大きな地震が発生した場合は、下記のような3段階の状況の応じた対策が必要です。また、緊急用および被災地での電話を優先するためにも災害用伝言ダイヤル「171」などを利用するようにしましょう。

地震対策に関するQ&Aまとめ

  • 赤ちゃんがいる家庭での地震対策はどうすればいい?

    東日本大震災以降、東海地震やら富士山の噴火やらの危険がより強く叫ばれていますが、どのような地震対策や心構えをしておけば良いでしょうか。日中は妻と赤ちゃんだけとなるため、とても不安です。

  • 地震対策を始めるときには、まず何から行えばよいか?

    2011年の東日本大震災以来、地震が多すぎて不安になり、何かしらの対策をするべきかと悩んでいます。ホームセンターなどに行くと特設コーナーがあるのですが、まず何から手をつければよいのか分からず、結局購入することができません。

  • 住宅の地震対策について

    昨年在来工法で新築しました。最近の余震続きで、何かできる地震対策ないかを考えると、2階は屋根などを含め重くないほうが良いと聞きました。そこで可能な限り、1階へ移動できる家具は1階へ、また2階の家具配置も考えようと思っています…

  • 液状化対策について

    今わたしが住んでいる所は、液状化の可能性が高いと想定される地域です。 新築の戸建て住宅を購入したばかりでローンもまだ残っており、夫の仕事、子供の学校のことを考えると引っ越すことは考えにくいです。 東日本大震災では幸いにして被害は少なかったのですが、次の災害に備えて対策をとりたいと思っています。まずすべきことや考え方についてアドバイスください。

地震対策に関する専門家サービスまとめ

  • 自宅(室内)の地震対策チェックとコーディネート

    防災対策の専門家が防災チェックと対策の提案を行います。 また、必要に応じて収納・整理の専門家が防災用品の取り付けや配置コーディネートを行います。 ※防災用品代や取付け、収納・整理の専門家によるコーディネートは別料金となります。

  • 災害リスクアドバイザーによる防災・災害対策の相談

    銀座カンファレスルームでの災害リスクアドバイス 家の耐震診断や耐震補強をはじめとする地盤(液状化)、水害(洪水・浸水)や土砂災害、津波、火災延焼、屋内の防災対策など。 また、中小企業における事業継続計画(BCP)や防災計画など、災害リスクに関するあらゆるお悩みについて、電話にてお受けいたします。

  • 自分の街にはどんな危険が?ハザードマップを探してメールします

    自分が住む街のどこに災害の危険があるのかが書かれているハザードマップ、個人や家庭が防災計画を立てる際には必須な地図です。多くの場合は市町村が作成して配布をしたり、ホームページ上で公開をしていますが、見たことはありますか?このサービスでは、あなたに代わって街のハザードマップを検索し、存在していればメールでお送り致します。

地震に備えるための保険に関するまとめ

  • 地震速報が流れても自分が住んでいない場所だと全然気にしませんよね。でも、これがもし自分の住んでいる場所だったらどうしますか?地震保険は万が一の備え。家が倒壊しても保険に入ってることでサポートされることは多いはず。最近は地震保険のが値上がりしていることもありますが、そんな料金の話も専門家にお任せ!保険のプロが詳しく解説いたします

怖いのは地震だけじゃない!台風対策に関するまとめ

  • あなたの家は台風の対策はできてますか?近年、ゲリラ豪雨や大型の台風で家が壊れたり、自宅に帰れないなんて話が増えてますね。台風の対策をしたいけど、どこから手をつければよいか分からない…そもそも、何をしていいか分からないといった方にはおススメです。

地震対策についてもっと知りたい方はこちらで検索してみてください
「地震対策」に関する質問を投稿する (無料)