IT環境・インフラの専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

IT環境・インフラ の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

中村 貴彦

ITコンサルタント

クライアント業務を十分に理解してスマートデバイス導入を実現

企業や教育機関におけるiPad、Android等のスマートデバイスの有効活用法や導入ノウハウはあまり知られていません。数十台から数千台に及ぶ豊富な導入実績をもとに、中…

中村 貴彦

岸澤 秀憲

Webプロデューサー

企業にとって価値のあるホームページとは!

常に検索エンジンの特性を検証し、「集客できるサイトづくり」をご提案、制作、効果検証、アフターフォローまでトータルに実施。また、関西圏の企業を中心に、業種・…

岸澤 秀憲

専門家が投稿したコラム

Google chromeが重い場合

環の小坂です。 googlechromeが重たくなって調べていたら3つ方法があるようなので、やってみたらすごい軽くなりました。 1.履歴やキャッシュを消す。 右上の三本線から入って設定を変更しました。 2.プラグインを無効にする 使っていないプラグインをいくつか無効にしました。 3.64bit版に変更する 64bitのWINDOWSを使っていたので、chromeも64bitにしました。 変えた直後...

小坂 淳
執筆者
小坂 淳
ウェブ解析士マスター

中小企業経営に活かすスマートフォン活用術 4

スマートフォンで見積り、請求書が1分で作成出来る 外出の多い営業担当者によって、見積書の作成は、会社に戻ってパソコンでエクセルを使って作成することが多いかと思いますが、当社では、これも、スマートフォンがあれば、少ない商品数の見積書などは、1分で発行出来るようになりました。 これは、Zoho Invoiceというクラウドサービスとスマートフォンを組み合わせるのですが、一度、このZoho In...

清水 圭一
執筆者
清水 圭一
IT経営コンサルタント

東北地方太平洋沖地震 被災企業にデータ復旧 相談窓口を開設

日本クラウドコンピューティング株式会社 プレスリリース 文章管理番号CCJ20110312-1 2011年3月12日 東北地方太平洋沖地震の被災企業、団体に情報システム、業務用パソコンのデータ復旧 無料相談窓口開設を発表 日本クラウドコンピューティング株式会社(東京都港区・代表取締役社長新井 直之)は本日、2011年3月11に発生いたしましたいました東北地方太平洋沖地震の被災企業、団体に対して...

清水 圭一
執筆者
清水 圭一
IT経営コンサルタント

Facebookは今 熱い その2

ユーザーの滞在時間が「ヤフー」や「グーグル」を超えている   Facebookの利用者は、全世界で6億人以上となり、 更に、利用時間である滞在時間が 「ヤフー」や「グーグル」を超えて、 たくさんの方々がインターネットのサービスで 一番利用しているサービスとなっている。   ※しかし、日本ではまだまだSNSサービスではmixiが人気である。   自分自身を考えると、今インターネッ...

千葉 英男
執筆者
千葉 英男
Webプロデューサー

なぜ、中小企業はGmailを使ったほうがいいのか?

こんにちは、日本クラウドコンピューティング株式会社の新井です。   前回、Gmailにすべてのメールを転送しようというお話をしましたが、「なぜ、Gmailなのか?」ということをお話したいと思います。   メールソフトやメールサービスでは、Gmail以外にも、Outlook、Outlook Express、Lotas Notes、Thunderbird、Becky、Yahoo Mail、Ho...

清水 圭一
執筆者
清水 圭一
IT経営コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

15年前のノート発見!!

2012/10/16 14:07
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • IT環境・インフラに関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積