写真補正・加工の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

写真補正・加工 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

岩田 直子

カメラマン

被写体の未知の魅力を引き出したい

人物撮影を得意としており、その人の魅力を最大限に引き出せるような写真を心がけています。渋谷および新宿の駅近にスタジオを構えておりますが、スタジオ内の撮影は…

岩田 直子

専門家が投稿したコラム

モノクロには無限とも言える表現がある

ブログサテライト なんとなくカッコイイからモノクロ? というのも楽しいのかもしれない。 写真趣味が広がるのは良いことだと思う。 モノクロの奥深さは「階調」をコントロールして自分が語りたい雰囲気に仕上げること。 暗室現像に取り組んだことがある諸先輩方は別として、「カメラ=スマホ」世代の人たちにとっては、写真を撮る、とはスマホを向けてシャッターをタップすること。 ...

宮本 陽
執筆者
宮本 陽
カメラマン

そのフィルター処理に意図がありますか?

ブログサテライト もう随分と前のメールに記載された一言。 「フィルター嫌いの先生はご覧にならないかもしれませんが、よろしければ見てやってください...。」。 最近、この方のアカウントは消えBlogも無くなった。 フィルター万歳!だった人。 単にフィルター処理そのものの好き嫌いで言うのではなく「そのフィルター適用に意図が見えない」から評価できないのである。 なぜ、そ...

宮本 陽
執筆者
宮本 陽
カメラマン

お遊びフィルターの限界

ブログサテライト   HDR OnのiPhoneカメラで撮影、Photoshopにて調整。 元がOne Shotのデータなので広大なダイナミックレンジを凝縮した処理ではないが、望めばこうした結果も作り出すことが可能になる。 このような処理プロセスを知らなくても、スマホにあるプリセットのフィルターを適用すれば似たようなイメージを手に入れることができるかもしれない。 それも一つの楽しみ...

宮本 陽
執筆者
宮本 陽
カメラマン

「色カブリ」って言葉ご存知ですね?

ブログアーカイブ(2014年2月) (この記事は2014年2月のOfficial Blogよりご紹介しています) 「色カブリ」って言葉、ご存知ですね? サングラスを通して見たように、特定の色が被っている状態。 意図的に奇抜な色に加工するのがハヤリなのだが、見る人に対してある種のインパクトを与えるのは確かだ。 その昔、カメラがデジタル化する過程でセピア色モードというのが流行った...

宮本 陽
執筆者
宮本 陽
カメラマン

見た目の印象を残したい --- 画像処理の楽しみ

ブログサテライト   画像処理に関する話題が増加傾向にある。 それは、スマホエフェクトに見られるお遊び系フィルターの話ではなく...。 プリセットフィルターのチープさにようやく気付きはじめた、といったことなのだろう。   夕日を正面に据え、照明が用意されていない建物内部も見えるように残してみる。 こうした真逆光では、たとえ光量の弱い夕刻であってもシルエット風のイメージになってしまう。 ...

宮本 陽
執筆者
宮本 陽
カメラマン

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

ホワイトバランスにも感性を

2015/10/22 07:00
宮本 陽
(カメラマン)

Photoshop Fix を早速使ってみる

2015/10/07 14:00
宮本 陽
(カメラマン)

Photoshop Fix で画面を移動させるには二本指

2015/10/06 21:00
宮本 陽
(カメラマン)

階調を残す

2014/05/03 11:56
宮本 陽
(カメラマン)

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 写真補正・加工に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積