海外市場調査の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

海外市場調査 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

井上 昭弘

ITコンサルタント

中国ビジネス x インターネット事業はお任せ下さい!

中国ビジネス、インターネット事業ともに、まだまだ大きな可能性を秘めている分野です。私は中国国内での多数の地域での人間関係及び経験と、インターネットの技術を…

井上 昭弘

大谷 啓介

コーディネーター

海外へはモノをそのまま売るのではなく、つくれるコトを売る

規模は大きく無くても、真面目なものづくりを続けている日本のものづくり企業の皆様の海外進出をサポートする専門家です。海外のクリエーターとコラボレーションし、…

大谷 啓介

専門家が投稿したコラム

私が個人的に経済指標としているものとは?

私が個人的に指標にしているうちの一つが   アメリカの大手金融会社の業績です。   この1~3月期 JPモルガン・チェースは純利益65億ドルで四半期ベースで過去最高。 バンク・オブ・アメリカ バンカメは昨年対比4倍の純利益 ゴールドマン、モルガンスタンレーも増益である。   彼らは、世界のマーケットを対象にしているため 彼らが収益を上げているということは、 国々単位で見ていく...

萩原 貞幸
執筆者
萩原 貞幸
経営コンサルタント/起業家

中国で銀行口座を開設するには?

ビジネスにおいて銀行口座は必要不可欠です。海外事業において銀行口座が無くて支払いや報酬受取に困った事はありませんか?今回は中国事業のために必要な銀行口座開設のために必要な事を書いていきます。 (2013年1月現在の情報です)  日本では振り込み詐欺等の影響により銀行口座の開設は非常にシビアになっていますが、中国で銀行を開設するための条件は下記のみです。 ・パスポート ・携帯電話(番号)  こ...

井上 昭弘
執筆者
井上 昭弘
ITコンサルタント

iphone の普及日本でも、、

アメリカにおいて、 2013年から米業界4位のTモバイルが iphoneの販売を行うという。   これで大手4社がすべて取り扱うことになる。   日本においては、 ソフトバンクやKDDIとの契約内容がどうなっているのか わからないので、はっきりしたことは 言えませんが、   iphoneという人気機種を携帯会社大手すべてが 扱うという流れはある。というか 取り扱わざるをえ...

萩原 貞幸
執筆者
萩原 貞幸
経営コンサルタント/起業家

私が景気指標の一つにしているものは、コレです、

それは 米住宅着工件数。   といっても リーマンショックの教訓から これを指標にしてます。   思い起こせば この米住宅着工件数 リーマンショックが起こる2008年まで   右肩下がりで下げ続けていたのです。   ここから景気減退を読み取らなければなりませんでしたね。     今、この米住宅着工件数が、 それこそリーマンショック以来 4年ぶりに高水準。   ...

萩原 貞幸
執筆者
萩原 貞幸
経営コンサルタント/起業家

Made in Japan シンガポールチャレンジ 募集開始!

「made in Japanを世界へ」私がフリーのマーチャンダイザーとして活動する軸の一つに、「日本の製品を海外で売る」というミッションが有ります。それは様々な実体験の中で、海外の方から見る日本や、日本製品はシンプルに高い評価を受けるケースが多い事を知っているからです。海外の方で「日本が好き」という方は、こちらから投げかけなくても自分から日本製品の良さを見いだし、自ら価値を理解しようと言う姿勢の方...

大谷 啓介
執筆者
大谷 啓介
コーディネーター

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 海外市場調査に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積