地域活性化・町おこしの専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

地域活性化・町おこし の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

宮崎 隆子

メンタルヘルスコンサルタント

起業から売上増までをトータルで支援します

起業したいけれど一人では上手くいかない、スキルを磨きたいといった方々の支援を行います。また、具体的な事業計画書づくりやブランドづくり、販売促進企画の立案・…

宮崎 隆子

井門 隆夫

マーケティングプランナー

旅館業を知りつくした「観光地再生」の仕掛け人

20年の旅行業経験や10年にわたる旅館事業再生の現場を通して得た独自の知見とノウハウを持つ「旅館アナリスト」。「旅館業と地域との連携」や「インバウンド受入推進…

井門 隆夫

山田 祐子

旅館・民宿プランナー

元ホテリエならではの現場目線で、宿のイノベーションをお手伝い

宿業は「好きでないとできない」言われるほどつらい商売。でも、地域経済を支える大黒柱。マーケットの時流を読み取り、元ホテリエ、旅行業務取扱管理者、温泉ソムリ…

山田 祐子

白井 滝雄

販促プランナー

アナログ人間がデジタルのさじ加減をしながら 提案。

中小零細企業、商店の現場を金融機関勤務時代に回り、悲喜こもごもを知る。繁盛の仕掛けにはやはり、時流適応と長所伸展が欠かせない。全国規模の流れとは違った、地…

白井 滝雄

専門家が投稿したコラム

民泊問題の背景と真実

空き部屋マッチングサービスの登場と「民泊」と「民宿」の違い 最近、民泊(自宅の空き部屋の提供)と旅行者をWeb上でつなげる、Airbnbなどの「空き部屋マッチングサービス」が話題になっている。政府は国家戦略特区を設け、訪日外国人の増加に伴うホテルの部屋不足に対応しようとしているが、旅館業は猛反対している。この問題の背景には何があるのか、簡単にまとめてみよう。 その前に、「民泊」と「民宿」の違い...

井門 隆夫
執筆者
井門 隆夫
マーケティングプランナー

売れ筋の裏に「広報」あり

よくある地域観光に関する取材の実態私: 「地域の○○について取材をしたいのですが、どちらを取材するのが適当か、お教えいただけないでしょうか」。観光協会等: 「それは何軒かありますが、こちらでは一軒をおすすめはできません。連絡先を全てお教えしますので、かけてみてください」。私: 「ご紹介をいただいたのですが、取材を・・・」お店や宿: 「今、担当者が不在しておりますので、夜にかけ直してください」。私:...

井門 隆夫
執筆者
井門 隆夫
マーケティングプランナー

Airbnbは本当に必要か――それ以前に必要なこと。

日本政府は、2014年に過去最高の1341万人に達した訪日外国人旅行者数を2016年までに2000万人、2019年までに2500万人、将来的には(遅くとも2030年までには)3000万人にする目標を掲げています。訪日外国人は「輸出と同じ効果」があり、工場が海外に移転してしまった現代、とりわけ円安になると絶大な経済効果を生むことから、政府の「成長戦略」として重視されているのはご存じのとおりです。日...

井門 隆夫
執筆者
井門 隆夫
マーケティングプランナー

旅館を買いたい

旅館を買いたい「旅館の不動産を買いたい」という国内外の投資家のリクエストが昨今一層増えてきたように思えます。 その背景には、2020年の東京オリンピックをはじめ、政府の成長戦略として訪日外国人を倍増させようという戦略の存在があるのは間違いありません。  旅館を買うといっても投資家は運営まではできないので、運営者が残ることを希望しており、債務超過がかさみニューマネーを調達できずにいる旅館にとっては...

井門 隆夫
執筆者
井門 隆夫
マーケティングプランナー

日本人としての矜持を

何があってもおかしくない年 4月、米の国から小浜さんがやってきました。来日直前の全面株安により日本経済に一瞬たちこめた暗雲は登場のプロローグだったのでしょうか。いよいよTPP交渉の最終段階。何が起こってもおかしくない「2014年」が始まりました。 思えば、STAP細胞問題も、安倍政権が新成長戦略の柱に据える理研の特定国立研究法人化に影を落とす目的だったとしたら合点がいきます。月面着陸を果たした...

井門 隆夫
執筆者
井門 隆夫
マーケティングプランナー

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

信州の秋

2012/10/24 21:00
山田 祐子
(旅館・民宿プランナー)

入浴年齢が日本一若い銭湯?!直島銭湯“I♥湯”

2012/01/19 15:10
山田 祐子
(旅館・民宿プランナー)

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 地域活性化・町おこしに関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積