営業手法の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

営業手法 の専門家に相談、悩み解決!

専門家

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿したコラム

注目!法人営業のあなた!10人中4人の社長が喜んで会ってくれる極秘ネタ発表!

中小企業のオーナー社長なら絶対に飛びついてくる極秘ネタを手に入れて、法人アポを簡単に取る自分になりませんか? ここに法人と個人の支出は1円も変えずオーナー社長の役員社会保険料だけをガツン!と最大180万円(年間)削減できるノウハウがあります。 こんにちは、本森幸次です。 ストレートにお話します。 今からご紹介するのは既に300社以上で効果のあったオーナー社長の役員社会保...

本森 幸次
執筆者
本森 幸次
ファイナンシャルプランナー

メール営業:無視 飛び込み営業:門前払い 電話営業:赤字 どうすれば良いの??

こんにちは^^営業コンサルタントの竹内です。 メール営業:無視 飛び込み営業:門前払い 電話営業:赤字 どうすれば良いの??  という事ですが、 これ以外で出来る事は、 DM、FAX、手紙を送る、などが考えられます。 または、アポを1階層下げて会う、という方法も考えられます。 がしかしこのうち、FAXはあまり効率的でもないですし、 このような顧客には意味がないかも知れません。 ですから、思...

竹内 慎也
執筆者
竹内 慎也
営業コンサルタント

9月16日〜9月22日に投稿したなう

1-classさんの投稿したなう 9月9日~9月15日に投稿したなう: 1-classさんの投稿したなうこの記事は表示できません: この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができ... http://t.co/8DbKoL6ctr9/16 13:09 もし、あなたが長時間の営業の結果、受注出来なかったとしたら…: こ...

竹内 慎也
執筆者
竹内 慎也
営業コンサルタント

次のアポにつなげる口実の作り方

こんにちは^^営業コンサルタントの竹内です。 飛び込み営業の再訪問をする場合、何と声をかければいいのか?悩むケースも多くなりますね。 そういった場合は、このような考え方が出来ます。 まずは「ついで」という切り口です。「隣のビルでアポだったので、ついでに参りました」とか、「同じビルにアポがありましたので、参りました」といった形です。 しかし、いるかいないかもわからない上にこれでは精度が下がります...

竹内 慎也
執筆者
竹内 慎也
営業コンサルタント

営業マンのITリテラシー、スキルを高めるには

こんにちは^^営業コンサルタントの竹内です。 営業マンにITスキルを伝授することについてご紹介します。 営業マンにITリテラシーを高めるためには、システムの有効な使い方と、その効果を認識させることが必要です。 説明を聞くだけでなく実演しながら見せることとそれがお客様のメリットにつながってひいては営業成績向上につながるんだ、というイメージさせ、持たせることが出来たら、営業マンは興味を示します。 ...

竹内 慎也
執筆者
竹内 慎也
営業コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

女性を味方につけたら、仕事は9割うまくいく

2010/09/30 13:50
田原 祐子
(営業コンサルタント)

「売れてる営業」がやっていること

2010/09/30 13:49
田原 祐子
(営業コンサルタント)

オール電化は魔法の杖―正攻法提案型セールス

2010/09/30 13:48
田原 祐子
(営業コンサルタント)

女性客のハートをつかむ 住宅営業必勝マニュアル

2010/09/30 13:38
田原 祐子
(営業コンサルタント)

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 営業手法に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積