営業施策全般の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

営業施策全般 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

辰巳 いちぞう

経営コンサルタント

今すぐやれることから、企業のリソースを活かした営業支援を実行

営業支援(戦略・戦術の設計から実行・検証)を切り口に、人材の成長と強い組織づくりのトータルソリューションを提供しています。提案や研修という行為をゴールにす…

辰巳 いちぞう

Webコンサルタント 営業 採用代行

ITコンサルタント

ホームページ(Web・会社HP)を活用した営業と人材採用の支援

広告・マーケティングのプロとして、受注できる会社HP、人材が応募したくなる採用サイト、ホームページリース商法被害支援を行っています。立地、売れない、アルバイ…

Webコンサルタント 営業 採用代行

三浦 康司

住宅購入カウンセラー

おうち購入の正しい「判断基準」をお伝えします。

第3者の住宅購入のプロが皆さんに「正しい買い方」をお伝えします。住宅購入カウンセラーやファイナンシャルプランナー、会計税務担当や元銀行支店長などがチームを…

三浦 康司

専門家が投稿したコラム

ブログのアドレス変更

吉成です。 いきなりですが、ブログを心機一転変更します。 新しいブログは以下になります。 http://ameblo.jp/sales-tr/ 改めて、よろしくお願いします。

吉成 篤
執筆者
吉成 篤
営業コンサルタント

セミナー情報

  どうも、吉成です。 来たる、2012年12月15日(土)に第3回営業セミナーを開催します。 「研修だけどもエンターテイメント」と言った感じを提供しつつ、気づきを得てもらえるように心がけております。普通の研修とはちょっと違う、感じを提供したいと思っています。   そして、過去より、少しグレードアップさせています。 過去の参加者のお声を一部紹介します。 S氏 「普...

吉成 篤
執筆者
吉成 篤
営業コンサルタント

SUN流社会人のコラム「自社商品価値を認めてもらうには?①」

自社商品価値をお客様に認めてもらうには? こういった課題抽出は解決策を考えるのに重要だと思います。 そもそも、どうすれば売れるのだろうか?という疑問を、どうすれば自社商品価値をお客様に知ってもらうか?認めてもらうか?という様に考えれるようになる事が出来ない方が結構多いと思います。 出発点は、自分自身への質問を良いものに変える事です。杓子定規な解決フローは本を見れば学ぶ事が出来ますが、マインド...

波田野 英嗣
執筆者
波田野 英嗣
経営コンサルタント

相手との距離を詰める

どうも、吉成です。 今日も土足力を伝える。 私は、いつも一通りの商談が終わったら、ついつい聴いてしまうことがある。 「社長ってご出身どちらなのですか?」 と。 自分と同じ出身ならラッキー。 私の場合、自分と同じでなくても、私は、結構地理が好きで比較的全国のことがわかるので、ある程度合わせられる。 もし知らない地名や行ったことがない都道府県でも、次のように返せばよい。 「何かおい...

吉成 篤
執筆者
吉成 篤
営業コンサルタント

【DSK48】営業パーソンの土足力 ~その5~

どうも、吉成です。 久々の登場です。 昨日、千葉県のとある市で講演をさせて頂いた。 先方の担当者が言うには「非常に好評でした。」とのこと。まあ、リップサービスがあるにせよ、そう言ってもらえるのは、そこそこ良かったのだろう。 ということで、今日も相手の懐に入るコツを1つ。 面倒だけど、簡単だ。 「初訪問したら、とりあえず、お礼状を手書きで書いて送る。」 まあ、これだけだよ。 最低...

吉成 篤
執筆者
吉成 篤
営業コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 営業施策全般に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積