ISO・規格認証の戦略と活用の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

ISO・規格認証の戦略と活用 の専門家に相談、悩み解決!

専門家

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿したコラム

ISO27001改訂には、「経営的要素」を加味すること

ISO27001の改訂が年内に予定されています。 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、 ISO27001の規格改定に伴う移行計画を発表しました。 ・ISO27001:2013への移行計画 ISO27001改訂のポイントは、 「経営的な観点」を加味すること、 これが大きな目玉となっています。 これは、各規格におけるマネジメントシステムの共通化に よって、新しく取り入れられた事項の一...

人見 隆之
執筆者
人見 隆之
ISOコンサルタント

審査員のご機嫌を取るISOはやめなければいけない

「ISOの審査で指摘を受けないようにするには、 どうしたらよいですか?」 ということをよく聞かれます。 はじめてISOを取得する組織の場合は、 気になって当然ですが、ISOをすでに取得した組織であれば、 審査での指摘ばかり気にするような 審査対策だけのISOはやめなければいけません。 なぜ、審査対策だけのISOはダメなのか? それは、審査で指摘される事項が、 組織にとって、必ずしも必要な指...

人見 隆之
執筆者
人見 隆之
ISOコンサルタント

情報セキュリティは、業務改善とも大いに関係してくる

先日、ある会社の社長からこんな話を聞きました。 「うちの会社の情報セキュリティは完璧だ、 生体認証もやっているし、情報漏えいは起こり得ないんだ」 このように、情報セキュリティというと、情報を漏らさないための 対策をいかにやるか、という話がよくあがりますが、 情報セキュリティには、3つの要素というものがあります。 1.機密性(大事な情報を漏らさないこと) 2.完全性(大事な情報の正確性を保つ...

人見 隆之
執筆者
人見 隆之
ISOコンサルタント

会議でなかなか意見が出てこない組織とは

先日、30名ぐらいの従業員を抱える製造業の社長から こんな事を聞きました。 うちの会社は、会議でなかなか意見が出てこない、 常に受け身、聞かれたことしかしゃべらない、 という話を聞きました。 私が実感として思うことは、これは個人の問題ではなくて、 組織の問題ではないか、ということです。 つまり、 意見が出てこないのではなくて、 意見が出せない組織風土があるのではないか、と。 なぜなら、一見...

人見 隆之
執筆者
人見 隆之
ISOコンサルタント

つじつま合わせだけの改善はすぐにやめるべき

先日、3年ほど前に、ISO取得の支援をした会社の 社長から、突然、電話を頂きました。 ISOの審査で重大な不適合が出て、再審査になって しまった、と。 審査結果報告書を見せてもらうと、 以下の理由があって再審査になっていました。 実施されたとされる内部監査において 下記の事実が存在し、内部監査が実施されているとは 言えない状態でした。 ・「内部監査チェックリスト」が、 ISO規格要求事...

人見 隆之
執筆者
人見 隆之
ISOコンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • ISO・規格認証の戦略と活用に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積