社内教育・自己啓発の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

社内教育・自己啓発 の専門家に相談、悩み解決!

[ 人材育成 ] をさらに絞込む

専門家をご紹介

小笠原 隆夫

経営コンサルタント

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制…

小笠原 隆夫

下村 豊

経営コンサルタント

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこ…

下村 豊

戸村 智憲

経営コンサルタント ジャーナリスト 講師

日本の人気講師ランキング3位の実力&人気ある指導者

日本の人気講師ランキング3位にランクイン(注)した、一見して難しいことをやわらかく楽しく解説し、一見して簡単に見過ごしがちな物事の奥深さに切り込む講演・指…

戸村 智憲

掛川 幸子

現場力強化・EQ人材育成スペシャリスト

とことん信じるということ。相手を想うということ。

私は何よりも相手を信頼すること、大切にすることをモットーとしています。自身の心のあり方もそうですが、いつも相手をとことん信頼する力は、きっと自分にとっても…

掛川 幸子

専門家が投稿したコラム

企業にいると意外に少ない「アウェーな経験」

 スポーツの国際大会などでは、よく“アウェーの洗礼”などと言われる時があります。    例えば、相手国で開催されるサッカーの国際試合に関する話では、指定の練習場でロッカールームもシャワーも使えない、指定された宿泊先の部屋にはエアコンがない、エレベーターが壊れていて、20階以上の部屋まで階段を上り下りさせる、夜中じゅう部屋の電話が鳴り続けるなどという話を聞いたことがあります。    このすべ...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

自分の「客観的な現在位置」を知ることの大切さ

 ある法事でうかがったお寺のご住職がお話になっていたことです。    ご住職は将棋が好きで、よく将棋を指すのだそうです。ただ、本当に弱くてなかなか勝てないそうです。  ある日も将棋を指していて、相変わらずのように負けてしまいました。対局後のお相手に、「やっぱり私なんかではかないません。お強いですね」と声をかけたところ、その人から返ってきた言葉は、「いや、私が強いのではなくあなたが弱すぎるんで...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

態度が本心を表す

ちやほやされて育ってきた人は、自分が大切に扱われないと感じた時、不遜な態度を示します。いかに自分が優れているかということを、態度で示そうとします。大きな声で指示を与える。厳しい表情をする。見た目も、聞こえる音も、オーラも。すべてを使って威厳を示そうとするけれど、はたしてそれは、どのくらいその人への信頼を寄せる材料になるかといえば、まったく効果がなく、むしろマイナスな作用しかありません。人より自分が...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

減点より加点法で生きる

組織を活性化させるために必要な、「減点より加点法」について、書きました。だれでも、最初、スタート、1歩目がありました。この地点に立つときは、ドキドキしたことでしょう。緊張したことでしょう。できるかな?大丈夫かな?なんて、自分を信じる気持も揺らいでいたことでしょう。ところが。当たり前のようにできるようになると。ついつい、減点法でモノを見てしまうようになります。あれができない。マイナス1点。これができ...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

リーダーに必要な「質問力」を上げる3つのポイント

リーダーには「質問力」が必要です。   「考えろ」という前に「質問」する 人に質問をすると、脳が無意識に答えを探そうと動き出す… 人間のアタマはそうできています。 文字量にすると、実にA4約30枚分くらい探そうとするそうです。 「考えろ」と指示をするより、よっぽど効率良く相手のアタマを動かせるわけです。   相手の自発的な思考を促し、相手の意欲を引き出す「コーチング」を学ぶ管理職が...

丸山 ゆ利絵
執筆者
丸山 ゆ利絵
経営者・エグゼクティブのコンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

飲食店マネージャーセミナー

2016/02/26 11:05
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)

社員研修

2013/04/10 22:45
北島侑果
(司会者)

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 社内教育・自己啓発に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積