M&Aの専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

M&A の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

濱田 浩三

事業承継アドバイザー(BSA)

事業承継(会社引継ぎ、M&A)、後継者問題はお任せ下さい!

日本の中小企業の40%は後継者が不在です。中小企業の顧客や従業員の雇用を守るため、ライフワークとして事業承継のサポートに取り組んでいます。親族や従業員への承継…

濱田 浩三

後藤 義弘

社会保険労務士

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極…

後藤 義弘

専門家が投稿したコラム

【売り案件】調剤薬局

人気の調剤薬局の売り案件がでました。◆事業内容:調剤薬局◆所在地:埼玉◆従業員数:4名(うち2名薬剤師) 薬剤師のうち1名は本社引き取り◆業績・財務状況(直近期)売上高106百万円、減価償却費0.5百万円、利益8.9百万円 ◆譲渡理由:本社から遠いため◆譲渡形態:事業譲渡 問い合わせ先大手町会計事務所info@tstyle-jp.com

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

日経記事;『アジアでM&A最高 日本企業、中堅も進出 13年度223件、株高や収益力回復で余力』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 3月31日付の日経新聞に、『アジアでM&A最高 日本企業、中堅も進出 13年度223件、株高や収益力回復で余力』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『日本企業によるアジア地域へのM&A(合併・買収)が一段と活発になってい...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

ビジネス法務2011年4月号、M&A買収防衛策

ビジネス法務 2011年 04月号 [雑誌]/中央経済社 ¥1,500 Amazon.co.jp ビジネス法務2011年4月号、M&A買収防衛策 「ライツ・オファリングは本当に使えるのか」と題して特集が組まれている。 杉本「ライツ・オファリングの基礎知識」は、新株予約権を使ったライツ・オファリングに関する基礎的な解説である。TOBによる敵対的M&Aで買収防衛策として、用いられている。上場...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

ビジネス法務2010年11月号、独禁法

ビジネス法務 2010年 11月号 [雑誌]/中央経済社 ¥1,500 Amazon.co.jp ビジネス法務 石垣ほか「平成21年度企業結合審査公表事例の分析」は、公正取引委員会の企業結合審査において、審査で可とされた2つの事例と、不可とされた1つの事例を取り上げて、違いを論じている。 2010年11月号、独禁法

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

ビジネス法務2010年11月号、M&A

ビジネス法務 2010年 11月号 [雑誌]/中央経済社 ¥1,500 Amazon.co.jp ビジネス法務2010年 金子「新株式対価の株式交換と債権者保護手続」 会社法799条により、新株式のみを対価とする株式交換の場合、債権者保護手続が不要であることについて、-述べている。ただし、ほかに、現金等を交付する場合には、債権者保護手続は必要である。 11月号、M&A

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

サービス

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

カテゴリ:M&A

料金:無料

場所:東京都千代田区

大黒たかのり

大黒たかのり

(税理士)

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • M&Aに関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積