事業・企業再生戦略の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

事業・企業再生戦略 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

山本 雅暁

経営コンサルタント

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた…

山本 雅暁

澤田経営研究所 澤田和明

経営コンサルタント

ミッションは、コンサルタントを必要としない企業に変革すること

「コンサルタントを必要としない企業体質にする=自力経営支援」をミッションに掲げ、企業の着実な発展を支援します。現状を打破したいという経営者の思いを受け止め…

澤田経営研究所 澤田和明

専門家が投稿したコラム

日経記事;『東芝、半導体を主力除き売却 メモリーに集中 発電設備と2本柱に』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 1月23日付の日経新聞に、『東芝、半導体を主力除き売却 メモリーに集中 発電設備と2本柱に』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『東芝は中核事業である半導体部門の一部を売却する方針を固めた。自動車や産業機械などに広く使われる汎用的な半...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『GLOBAL EYEIBM、巨象は再び踊るか 新事業モデルが握る未来』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 3月3日付の日経新聞に、『GLOBAL EYEIBM、巨象は再び踊るか 新事業モデルが握る未来』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『「オーケー、今日はIBMの将来の姿を明快に提示しましょう」。2月26日の投資家説明会。...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『IBM、半導体製造を譲渡 15億ドル支払う条件で 高付加価値事業に集中』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 10月21日付の日経新聞に、『IBM、半導体製造を譲渡 15億ドル支払う条件で 高付加価値事業に集中』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『米IBMは20日、不採算の半導体製造部門を米半導体受託製造会社のグローバルファウ...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『格安スマホ端末、世界席巻 中国勢、台湾と組み躍進 「薄利多売」が加速』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 8月5日付の日経新聞に、『格安スマホ端末、世界席巻 中国勢、台湾と組み躍進 「薄利多売」が加速』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『日本円換算で1万円台にとどまるような中国製のスマートフォンが世界を席巻している。中国メ...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『ホンダ 中核事業に集中 エコカー/新興国 太陽電池から撤退 電子部品子会社日本電産に売却』考察

皆様、 こんにちは。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 10月31日付の日経新聞に、『ホンダ 中核事業に集中 エコカー/新興国 太陽電池から撤退 電子部品子会社日本電産に売却』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『ホンダは30日、自動車向け電子制御部品子会社、ホンダエレシス(横浜市)...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • 事業・企業再生戦略に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積