ブランドネーミングの専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

ブランドネーミング の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

乾 喜一郎

キャリアカウンセラー

働く個人の側に立ち、資格や学びを活用したキャリアづくりを提案

現在編集長をしている資格や大学院の専門誌をはじめ、就職、転職、U・Iターン、進学とこれまで一貫して個人のキャリアを提案するメディアを作ってきました。過去取…

乾 喜一郎

赤坂 卓哉

クリエイティブディレクター

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法…

赤坂 卓哉

専門家が投稿したコラム

あの本の作家に会いたい 須田敏裕氏

社会保険労務士として企業の労務コンサルティングに従事し、 著書『社長は「労務トラブル」をこう防げ!」(日本実業出版社)がある 須田敏裕氏にお話を伺いました。 →公式サイトはこちら →アスラン編集スタジオ出版部はこちら ◆労務トラブルが起きやすい時代 ──本書の冒頭では、「寝坊の原因は起こしてくれる人がいないから」と始末書に書いた若手社員のエピソードが紹介されていて驚きました。こういった...

野村佳代
執筆者
野村佳代
ライター

2以上の事務所を有することができない者の対応策。あれこれ。

  時の流れが速く感じられる今日この頃。 独立開業してから、11年7か月が経過しました。   時の経過に伴いまして、 開業当初には、あまり想定していなかった事象について、 より深く考えなければならなくなってきているように感じています。   宅建業免許には、個人免許と法人免許があります。   独立開業当初、法人を設立することも考えていましたが、 開業費用が予算内に収まらなくなる...

松本 仁孝
執筆者
松本 仁孝
行政書士

情報提供を行った後の感慨を含めて。感じたままをそのままに。

  昨日、一斉に、 ウェブサイト内にあるコラムやブログにおいて、 離婚、相続手続き、家計の見直しについて、 役立つヒントにしていただくための情報提供を行いました。   離婚につきましては、 離婚問題についてのご相談を承る者として、 客観的な状況把握が不可欠であることについて触れ、 囲碁や将棋で言われているところの大局観を、 持ち得る程度の状況を把握した後、全体像を俯瞰したうえで...

松本 仁孝
執筆者
松本 仁孝
行政書士

長財布をもっている人が稼いでる!?

先ほど、本屋にいたら、稼いでいる人は長財布をもっているという本を見つけました。 本当でしょうか。 ちなみに私は長財布ではありませんし、私のまわりにいる年収1億円以上の人も 長財布とは限りません。 この時点で問題のあるタイトルですね。 一つのきっかけになると思えばよいでしょう。 何しろ人間という生き物は、脳に稼げと伝達して、さらに行動して初めて結果が出るわけです。 因果応報。 原因が...

丹多 弘一
執筆者
丹多 弘一
経営コンサルタント

『最幸』な言葉(77);ハロウィンってなあに?

10月31日はハロウィン。北米やヨーロッパ、最近ではアジアにも広まりつつあるこの行事、仮装パーティやお化けカボチャのイメージがありますよね。でも実際にそれが何なのか、と聞かれると「?」という方も多いはず。 というわけで、いまさら聞けないハロウィンのおさらいです! <由来> アイルランドやスコットランドに今も影響が残る古代ケルト民族が祝った行事の一つが「Samhain(サウイン)」。 この世とあの...

中沢雅孝
執筆者
中沢雅孝
YouTube専門コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

『Open the Cover!しやがれ』でスタート

2012/06/16 23:32
中沢雅孝
(YouTube専門コンサルタント)

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • ブランドネーミングに関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積