国際結婚・離婚の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

国際結婚・離婚 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

谷 勇

行政書士

グローバル企業や外資系企業の各種行政手続はお任せください

グローバルにビジネスを展開する上で、外国人スタッフの就労ビザ申請等、各種行政手続を避けては通れません。豊富な経験をもとに、ビザ申請等の煩雑な手続を代行致し…

谷 勇

専門家が投稿したコラム

国際結婚・結婚ビザ入管申請時のポイント

最近、国際結婚に伴う配偶者ビザについて不許可になってしまった方からのご相談が相変わらず多いです。 現在入国管理局では偽装結婚に対するビザの発給防止に非常に神経質になっています。そのため真実の結婚事案であっても不許可になってしまう事例が続発しています。 当然真実の結婚をした方々にしてみれば不満は大きいところですが、男女の気持ちの真偽を書面で審査しなければいけない入管の立場も多少は理解してあげまし...

碇谷 賢祐
執筆者
碇谷 賢祐
行政書士

在留資格「日本人の配偶者等」の外国人の方が離婚したら!?

最も多いケースは、在留資格「定住者」に変更するケースでしょう。 日本人との間に子供がいる場合で、その子供の親権者または監護者になっている方の場合は、比較的問題はないのですが、厄介なのは、子供の親権者または監護者になっていない場合と子供がいない場合ですね。 なぜなら、この場合、外国人の方が離婚後、日本に継続して住み続ける根拠に乏しいと判断されてしまう可能性があるからです。 そのため定住者への在...

柴崎 角人
執筆者
柴崎 角人
行政書士

国籍法の改正

国籍法は「日本国民たる要件」を定めている法律です。 国籍法では日本国民たる要件として、3つのケースを挙げています。 1つ目は、「出生による国籍の取得」です。 子が次の場合には、日本国民となります。 ・出生の時に父又は母が日本国民であるとき。 ・出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民であったとき。 ・日本で生まれた場合において、父母がともに知れないとき、又は国籍を有しないとき。 ...

近藤 総一
執筆者
近藤 総一
行政書士

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「地震対策」に関するまとめ

「老後準備」に関するまとめ

  • 老後資金がいくら必要か皆さんご存知ですか?

    結婚、出産、教育など年齢を重ねるとまとまったお金がかかるもの。でも、老後って聞くと結構先の話だし、ピンッとこないからまだ必要ないだろうと思いますよね。でも、実際には老後の生活費や家賃などをいれると、何千万といったお金が必要になるんです。自分は老後資金の必要額がどれくらいになるのか、どうやって備えたらいいのか、他にかかるお金はないの?など次々と疑問が頭に浮かぶはず。そんな疑問や悩みを専門家が解決します!

「相続対策!生命保険の活用方法」に関するまとめ

  • 生命保険に加入しておけば相続税が安くなるって本当?気になる方はチェック!

    生命保険に加入しておけば、万が一の時も安心!それだけでなく、現金を持っているよりも相続税対策として有効とご存知でしたか?「万が一」だけでなく、生命保険を自分の死後、大切な家族を守るために相続税対策としても考えてみませんか?なぜ相続税対策として生命保険が選ばれるのか、相続を考えるときに生命保険を選ぶメリットとは、そんなお悩みを専門家が解説!

  • 国際結婚・離婚に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積