年末調整・還付請求の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

年末調整・還付請求 の専門家に相談、悩み解決!

[ 税金 ] をさらに絞込む

専門家

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿したコラム

医療費控除は5年間さかのぼって確定申告できます。でも?

医療費控除は、5年間さかのぼって確定申告できます。 このことは、皆さんがよくご存じと思います。 でも、時々間違って覚えている方がおります。 5年間さかのぼれるということで、過去5年間分の 医療費の領収証を全て合計して、 今年の医療費控除にして、と言われても、だめです。 医療費控除は、各年の1月1日から12月31日までに 支払った医療費の合計で計算します。 このため、12月31日に出...

谷内 修一
執筆者
谷内 修一
税理士

年末調整 対象となる人ならない人

1.年末調整の対象となる人   (1)  年末まで勤務している人   (2)  年の中途で退職した人で下記の人 ・死亡退職した人 ・12月支給給与を受け取った後で退職した人 ・アルバイトやパートで退職した人で年収103万円以下の人 (退職後他の勤務先から給与の支給を受けると見込まれる場合は除く) ・年の中途で非居住者となった人   2.年末調整の対象とならない人   (1...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

年末調整 昨年との違い

年末調整の今年と昨年の違いは2つあります。   1.復興特別所得税の徴収   東日本大震災の復興の必要な財源確保のために、平成25年~平成49年までの25年にわたって所得税のほか、復興特別所得税が課税されることになっています。   復興特別所得税は、所得税の2.1%となっており、通常の所得税が源泉徴収される際に合わせて、源泉徴収されます。   2.給与所得控除額の改定 給与収入が15...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

【年末調整質疑応答-1 生命保険料控除の留意点】

衆議院の開票速報が始まりました。 と、いうわけで今回のメルマガの内容は少なめです 今回は、年末調整の留意点をご紹介いたします 特に今年から生命保険料控除の改正内容が複雑ですので 簡単に復習します 従来は、一般の生命保険と個人年金保険の2区分だけでした しかし、平成24年分以後から上記2区分に介護医療保険料控除 が追加されました。 また、生命保険料控除と個人年金保険料控除については 平成24年...

近江 清秀
執筆者
近江 清秀
税理士

住宅ローンの借換えにご注意下さい!

住宅を購入される方の大半は住宅ローンを利用します住宅ローンは家計を圧迫する要因の一つとなっていますしかし、最近では住宅ローンの金利は低下を続けていますそこで、家計を圧迫する住宅ローンの負担を少しでも軽減させるために「住宅ローンの借換え」を行う方が増えています住宅ローンを借り換えるということは、借り換えたローンで当初の借入金を返済するということですが、住宅ローン控除の対象となる借入金は、適用対象とな...

菅原 茂夫
執筆者
菅原 茂夫
税理士

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「確定拠出年金」に関するまとめ

  • 確定拠出年金(401k)の運用方法を学んで自分の力で年金額を増やしましょう!

    最近多くの企業で導入されている確定拠出年金(401k)。いきなり確定拠出年金の導入が決まって、慌しく運用を始めてしまった方いませんか?せっかく確定拠出年金の運用をすることになったのですから、運用時の注意点や確定拠出年金のメリット、節税方法方法を理解して年金額を増やしましょう。 多くの専門家がオススメしている確定拠出年金(401k)。自分で資産を増やせるチャンスです!

「告知義務違反」に関するまとめ

  • これって告知しないといけないの!?知らないでは済まされない告知義務違反とは?

    みなさん告知義務違反ってご存知ですか?住宅購入や生命保険といったものを契約する際によく起こるトラブルなのですが、この告知義務違反、実は結構身近で起こります。「買った家から雨漏りが」「生保に入ったけど以前の持病が...」など。そんな告知義務違反について今回プロファイル編集部がまとめました。これを読んでトラブルを未然に回避!!

「マンション売却」に関するまとめ

  • 年末調整・還付請求に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積