教育資金・教育ローン全般の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

教育資金・教育ローン全般 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

杉浦 詔子

ファイナンシャルプランナー、カウンセラー

働く人たちの夢をかたちにするファイナンシャルカウンセラー

「働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族等へのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っています。女性のキャリアと家族…

杉浦 詔子

尾山 道郎

ファイナンシャルプランナー

高校中退・元公務員の異色FP

高校を中退後に公務員になり、さらに「お客様の力になる仕事がしたい」とFPに転身という異色の経歴を持ちます。単なるライフプランニングに留まらず、エンディングノ…

尾山 道郎

高橋 成壽

ファイナンシャルプランナー

FP王子がズバっと解決!

日本では数少ない総合型FPとしてセミナーや個別のご相談を承っております。累計のセミナー受講者数約5000名、年間相談件数200件超、暮らしとお金のことから…

高橋 成壽

寺野 裕子

ファイナンシャルプランナー

ゆとり生活への道しるべでありたいと思っています

お金のことをきちんと考えることで安心でゆとりある生活を送ることができるようになります。「ゆとり生活への道しるべ」として、ライフプラン、ファイナンシャルプラ…

寺野 裕子

専門家が投稿したコラム

ジュニアNISAで教育資金準備

2016年から始まったジュニアNISA(少額投資非課税制度)。みなさんは始めていますか。もともとあったNISAの子供版です。ジュニアNISAは非課税のため、今のような経済情勢では教育資金準備の一つの方法になってきます。「卵は一つのカゴに盛るな」という投資の格言があります。卵を一つのカゴにもって落とすと全部割れてしまいかすが、複数にカゴに分けるといっぺんに割れずにすむということです。一つの商品に偏る...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

ジュニアNISAの運用は誰が行うの?

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。 最近はiDeCo(個人型確定拠出年金)が話題になっていて、NISAやジュニアNISAが陰に隠れてしまったような感じですね。 しかし、iDeCo(個人型確定拠出年金)の場合、原則60歳になるまで引き出すことはできません。 そのためiDeCo(個人型確定拠出年金)は基本的に教育資金の準備には向かないのです。 それにマイナス金利が導入され...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

「教育への公的支出、日本32位に!」

こんにちは! さて、経済協力開発機構(OECD)が、 2013年の加盟国の国内総生産(GDP)に占める 教育機関への公的支出割合を発表しました。   それによると、日本は3.2%で、 比較可能な加盟国33か国中32位となりました。   2012年の調査では、最下位だったので、 ひとつ順位を上げましたが、 依然として低位にとどまっています。   ベスト3とOECD平均は以下の...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

教育資金(2)妊娠したら準備を開始(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

 教育資金の準備は、早めに始めるようにしましょう。  出産後は、赤ちゃんの世話で寝る時間の確保も難しいので、 妊娠中にある程度方向性を決め準備を始めると安心です。  まずは目標額を決め、積立の計画を立てましょう。  目標額は、500万円~800万円程度が目安です。 500万円は国公立大学に行く場合の金額、 私立文系であれば700万円、 私立理系であれば800万円になります。 ただし、地方在...

山下 幸子
執筆者
山下 幸子
ファイナンシャルプランナー

教育資金(1)どのような教育を受けさせたいか(山下FP企画・西宮)

  子供がいる人、ほしいと思っている人は、 教育資金についてもしっかりと計画する必要があります。  具体的に必要となる教育費は、 子供の希望・適性・親の価値観・居住地域などによっても かなりの差があり、事前に正確にはわかりません。  それでも、「子供にどのような教育を受けさせたいのか」 をイメージしておくことで、ある程度は予測できます。  「高校までは公立で十分。 大学生になったら奨...

山下 幸子
執筆者
山下 幸子
ファイナンシャルプランナー

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「生命保険の加入と見直し」に関するまとめ

  • 生命保険の加入・見直しを考えている人におススメな5つのポイント

    就職、結婚、出産、教育、住宅購入などなど年齢を重ねていくごとに大きな出費が増えていきますよね。 家族ができて守るものが増えたとき考えるのが「万一のとき」。そんなときの備えとして生命保険がありますが、 みなさんは保険に入る意味やどの保険がお得なのか考えたことはありますか? ここでは、そんなみなさんの疑問や悩み解決のヒントになる記事をご紹介します!

「青色申告」に関するまとめ

  • 多くの特典がある青色申告。白色申告と青色申告の違いや青色申告の特徴、条件などを知って賢く節税を!

    フリーランス、個人事業主の方の確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。違いを知って申告していますか? 青色申告には最高65万円の特別控除を受けることが出来る青色申告特別控除の制度があります。複式簿記で帳簿を付けている方以外でも10万円の青色申告特別控除が受けられます。 その他に損失分の繰越控除、減価償却の特例、家族への給与が必要経費として計上出来たり等、事業を続ける上でプラスな特典が受けられます。 白色申告をしている方も2014年(平成26年)1月から全ての白色申告者に記帳と帳簿保存が義務化されました。せっかく帳簿をつけるなら青色申告に切り替えた方がお得かも!? 白色申告と青色申告の違い、青色申告をするための方法、青色申告のデメリットなどの正しい知識を身につけて税金対策をしませんか?

「パート・アルバイトの年末調整」に関するまとめ

  • 教育資金・教育ローン全般に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積