土地売買トラブル救済 - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

土地売買トラブル救済

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2010/03/10 20:44

平成10年に土地を購入しました。当時は将来そこに自宅を建てるか、でなければ売却すればよいと考えていました。
10年経過し、将来そこに自宅を建てる選択肢はないと判断し売却のため査定をしたところ、購入価格の6分の1の金額を提示されました。
当該土地は、市街化調整区域であり、住宅を建設できないというのが理由でした。
当時の仲介不動産業者に問い合わせたところ、当時は、既存宅地制度というものがあり、当該取引に問題はない、しかしながらこの土地に現在建物を建てることは出来ないという回答でした。
売買契約時の重要事項記載の欄を見ると確かに市街化調整区域・既存宅地と記載されていますが、市街化調整区域とは何ぞやという説明もなく、市街化区域と調整区域の違いも今回初めて知った次第です。そんな規制があるとは知らなかったから、その金額で売買したわけです。おそらく、業者もその辺りの認識がいい加減だったと思われます。
この売買に関して、どこに非があるのでしょうか?不勉強を悔やんで勉強代と思うにしても金額が大きすぎて、まだローンも残っており自分の家を持つ夢も不可能なものになってしまいました。
今、私たちにできることはないのですか?
あきらめるしかないのでしょうか?

ぱんだこさん ( 岐阜県 / 女性 / 44歳 )

回答:1件

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

2 good

法令の変更等による不動産トラブルについて

2010/03/11 13:27 詳細リンク
(4.0)

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

既存宅地の制度は、平成13年をもって廃止となっております。
5年間の経過措置がありましたが、現在ではそれも終了しています。

岐阜県における既存宅地制度廃止に伴うFAQは、下記サイトをご参照下さい。
www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11655/kizontakuchi/faq.pdf

まずは役所に、既存宅地だった対象土地に建築が
できないのかどうかを確認してください。
今回は、既存宅地制度を認識していない状態で、
その権利が消滅してしまっています。
なんらかの形で、その救済をしてもらえないのかを
相談してみてください。

仮に、自己居住用として建築許可が受けられるのであれば、
自己居住用として建築して、少し居住した上で、
築浅中古住宅(実質としてほとんど住んでいない)
として売却を検討する形になります。

仮に、救済措置が取れないのであれば、
売却価格としては、購入価格の6分の1となっても
仕方がないと思われます。

不動産仲介業者への説明不足に関しては、
今回のケースでは責任追及は難しいと思われます。

重要事項説明については、説明時点での法令等に基づいて
説明をすることになっています。
説明不足の点があったにしろ、平成10年時点では既存宅地の制度があり、
認定された土地であれば、当時は建物建築が可能だったと思われます。
現在の状況(建物建築不可)は、その後の制度が廃止されたためであるので、
業者にその責任を追及することは難しいと思います。

個別の法的解釈については、弁護士、司法書士等の専門家へご相談ください。

少しでもお役に立てれば幸いです。

評価・お礼

ぱんだこさん

ご回答ありがとうございました。

まずは役所に問い合わせてみます。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
(神奈川県 / 不動産コンサルタント)
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

中古住宅 契約後の解約について何卒宜しくお願いします まるちゃん☆さん  2011-07-02 16:55 回答1件
仲介業者とのトラブル たんばさん  2014-12-08 21:35 回答1件
任売物件購入時、抵当権抹消失敗後の流れについて おかろうさん  2009-10-02 11:41 回答1件
専任媒介契約に関するトラブルについて スタートラインさん  2013-07-13 00:46 回答1件
不動産売却トラブルについて pinkynon7さん  2012-12-05 01:31 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)