契約社員の雇用期間 - 人事労務・組織 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

契約社員の雇用期間

法人・ビジネス 人事労務・組織 2010/03/07 10:20

契約社員のことでお尋ねします。2年前の2月1日に契約社員を1年契約で雇用しました。双方意義がない場合、更新できる契約です。契約社員1名しかいないとても小さな会社です。昨年9月に彼女が妊娠し、体調が悪くて1ヶ月あまり入院しました、その間、業務に差しさわりが出、とても困りました。退院後は、何とか業務はこなしていましたが、出産後のことを考慮した場合、とても現状の業務は無理だろうと考えておりました。昨年末頃より1月末で契約を終了したいと思いながら、何度かそういう話は出ましたが、きちんと彼女にそのことを申し出ないまま契約期間が過ぎてしまいました。そうこうしているうちに先日、再度体調が悪くなり、入院してしまいました。出産予定日は6月1日です。これでは会社も困りますので3月25日で契約は終了する旨の書面を手渡したところ、納得がいかないと申し出てきました、 本人は出産手当金、育児給付金も受け取って退職しようと考えているようです。育児給付金を満額受け取るまで籍を置いとく権利があることを主張しています。彼女の主張は通るのでしょうか? いつまで雇用契約をするのが正しいのでしょうか?

こまった!さん ( 香川県 / 女性 / 59歳 )

回答:1件

本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

リスクの高い契約です

2010/03/07 14:54 詳細リンク

凄腕社労士 本田和盛です。

非常にリスクの高い契約をしたようです。「双方異議がない場合に更新するという」契約は、ほとんどフリーで更新を約束しているようなものです。更新しない理由を、契約のなかにどれだけ盛り込むかが重要なのですが、それが記載されていないと、一生抱え込むことになりますよ。

しかも、更新手続きをしていないのですから、更新を了解したと取られても仕方ないです。

本人が了解しない以上、契約は更新されています。あと1年間は少なくとも抱え込むことになります。
私傷病で労務不能であれば、なんとか途中解約することもできますが、妊娠・出産で解約となると現行法では不可能です。

今から来年は更新しない旨をきちんと伝え本人の了解を得ておくことが必要です。しかし更新しない理由をどうするかが問題となります。オールアバウトのQAだけでは、状況が分からないので、本気で対応を検討されるなら、個別にご連絡ください。

社員本人も権利主張はしてくると思いますし、もっともこまった案件です。ただ入院、出産、育児休業と、会社で人件費が発生しないのが、せめての救いとなります。

来年の更新日までは、雇わざるを得ないでしょう。それと、育児休業を取得したことを理由として不利益な取扱をすることが禁止されていますので、更新しない理由を育児休業取得に求めることは無理があります。
さらに、来年更新しないということは、育児休業後に復帰する予定がないということで、そもそも育児休業給付の対象とはならなくなります。そうすると、ますます社員は反発します。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
(千葉県 / 経営コンサルタント)
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

出向中の育児休業取得について lalalala55さん  2010-03-04 10:59 回答1件
傷病手当と失業保険と出産について イチゴパインさん  2010-02-09 15:12 回答1件
再就職手当受給後の再離職について クウネルさん  2010-02-10 20:02 回答1件
有休がないといわれましたが※至急 AM110さん  2010-01-05 16:19 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

対面相談

「選択制」確定拠出年金(企業型401k)導入シミュレーション

社会保険コスト削減で労使でWINWINの制度の導入を(1人からでも可能)

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

格安ホームページ制作

貴社のサイトを格安でお作りします。

中沢 伸之

ストークデザイン

中沢 伸之

(Webプロデューサー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)