生命保険の解約のタイミング - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の解約のタイミング

マネー 生命保険・医療保険 2010/03/01 18:48

初めまして。
主人(30歳)、妻(30歳)共働きの夫婦です。
結婚して2年目となりますが、結婚前より加入していた主人の保険料が高いと思い今回見直しを検討しています。

加入しているのは
?アリコの積立利率変動型終身保険(米国通貨建2002)
?アリコの生存還付給付金付終身医療保険?型60日型
(2点とも7年程度加入中)
で、月2万5,000前後です。

知人に相談し、他社の掛け捨ての保険を勧められましたが、
今、特にもし?を解約すると解約返戻金がとても少ないので悩んでいます。
ただ、このまま高い保険に加入していると今後、共働きでなくなった場合、生活が厳しくなるのはわかっています。

やはり早めの解約が良いのでしょうか?
それとも円高になるまでまってからの解約のほうがよいのでしょうか?

アドバイスをいただけると助かります。

補足

2010/03/01 18:48

?は月177ドルで55歳まで払込で13,000ドルの生命保険となります。
(利率が3%保証となっていますので、同じ為替でしたら50歳以降の解約ですと元本割れはしません。)
?も55歳までの払込のもので生存給付金は(元本―使用した保険金額)となっていました。月々8,800円の支払です。

尚、知人に紹介してもらった保険は
損保ジャパンのひまわり生命からの、「健康のお守り」というもので
生命保険を月10万(60歳まで)を受け取れ(3,600万からどんどん生命保険が減っていくもの)+医療保険55歳までの払込のものとなっています。
金額は9,000円程度でした。

ぴゅーれさん ( 東京都 / 女性 / 30歳 )

回答:3件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

保険見直しのポイント

2010/03/02 11:24 詳細リンク
(5.0)

びゅーれ 様

ご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いBYSプランニングの釜口です。
よろしくお願いいたします。

保険料の支払で日常の生活費を抑制しなければいけないとなると、本末転倒だと思います。
保険の基本は、経済的損失を補填するためのものです。
現状のびゅーれ様の家庭状況で、ご主人に万が一があった場合に経済的損失の補填はどんな内容になりますか?

保険見直しのポイントは、
1.誰のため、何のために加入するのか?
2.経済的損失補てん額はどれくらいになるのか?
3.1と2が明確になれば、その保障はいつまで必要になるのか?
以上3点を明確にすることです。

びゅーれ様のお話をお聞きできていませんので、具体的なアドバイスはできませんが、いただいている情報だけで判断させていただきますと、
生命保険を月10万(60歳まで)を受け取れ(3,600万からどんどん生命保険が減っていくもの)
→この保障はお子さんが生まれるまでは必要ないと思われます。

医療保険につきましては、いろんな考え方がありますが、基本的にはかけないという考え方からスタートして下さい。
なぜなら、サラリーマンとその妻に対する社会保障は充実していますし、終身医療保険で元が取れる人はごく少数です。
もしびゅーれ様が必要だとお考えでしたら、一番費用対効果が高いものを選ぶことです。
どの商品が一番費用対効果が高いかは、このページでは控えさせていただきます。

以上よろしくお願いいたします。

評価・お礼

ぴゅーれさん

BYSプランニング 釜口様

ご意見ありがとうございます。
確かに現状子どもがいない状態で生命保険は必要なさそうですね。

私としては子ども2人が出来たと仮定して
子どもが成人(大学まで)するまでの補填ができれば、
と考えてます。
生活費は基本的に自分でなんとかしていきたいと。

医療保険についても難しいですね・・・

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

払い済みをされれば・・・・

2010/03/01 19:23 詳細リンク
(4.0)

はじめまして、びゅーれさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


生命保険での掛け捨ては定期保険になると思いますが、生命保険など何の為に加入するのか考えて商品を決められると良いでしょうね。

10年更新の定期保険などで生涯の保障を考えると保険料総額は終身保障の生命保険より高額になります。

医療保険も生存給付が付加されているもののようですが、生存給付は保険料として払った額から積み立てた額に多少運用益が付いた額くらいではないでしょうか。

為替の動向を見て解約を検討されるのでしたが、終身保険として払い済み保険という契約にして、不足分を新たに検討されても良いでしょうね。

払い済み保険というのは現在の保険契約の解約返戻金を元に保険金額を計算して保障を残すものです。
ただ特約などは解約となりますので、特約が付加されているようでしたら他で準備する必要があるでしょうね。

現在、共働きと言うことでしたら死亡保障はあまり高額な保障は必要ないと思いますが、お子様が生まれた時には定期保険などでお子様が独立されるまでの期間の保障の準備を考えられると良いですね。

評価・お礼

ぴゅーれさん

FP事務所 マネースミス
吉野裕一様

アドバイスありがとうございます。
私の補足不足ですみません。
まだ7年前よりスタートし、まだ残り25年残っています。
?については今もし解約すると7,000ドル(約15,000ドル支払済み)でドルもしくは円での返還となります。

払い済み保険としても使えるのは初めて知りました。

確かに将来子どもが出来た時を考えるともう少し検討したいです。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

トータル的な視点で考えてみましょう

2010/03/02 13:15 詳細リンク

ぴゅーれさん、こんにちは。実務に強いFPの大関と申します。

保険料が高いとお思いになったそうですが、何を基準にして高い
と思ったのでしょうか?
>1.商品価値を感じなくなったから高く感じるようになった
2.同等の商品と比較して高かったという検証結果
3.掛捨て保険と比べた結果<
このようにいくつか推測できますが、そのいずれかによって解決の
ヒントが隠されているものと思われます。

**高いかどうかより、「適しているかどうか」という視点の方が大切です。

解約返戻金の上下動によって時期を伺っても、予測と結果の繰り返しですし、
新しい適した保険に加入できるタイミングを逸してしまうのであれば
あまり拘らなくていいと思われます。

また、紹介された、損保ジャパンのひまわり生命の「健康のお守り」
と収入保障保険の提案についても、保険料の逓減が目的でなされたもので
内容的に最善であるかどうかは、別問題です。

このタイプの提案は、もう古いという見方も出てきてますので
固定観念を持たずに検証すべきでしょう。

下記のコラムをご参照下さい。
↓↓↓

(安い保険を探す前に・・・)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/17622
(本当の収入保障保険とは)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31342
(商品選定の前にニーズ確認を!実例編)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31447
(生命保険の検討に必要な絶対的3ヵ条とは?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/22616
(無事故ボーナスが支給される保険って?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/16684
(医療保険の商品価値は下がっていく?・・・その1)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44459


以上、参考にして戴けたら幸いです。

ご不明な点がございましたら、個別指定にてお問い合わせ下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生命/医療保険の加入と資産運用 ここのとーさんさん  2010-03-24 01:00 回答4件
夫婦の生命保険について こじこじさん  2007-06-13 22:46 回答3件
夫の生命保険について教えてください。お願いします。 リコピンさん  2012-03-17 18:33 回答3件
50歳台の保険見直しこれで良いの toshi217さん  2014-01-20 01:49 回答4件
特約の見直しについて あゆさん  2013-11-20 16:18 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)