再就職手当受給後の再離職について - 人事労務・組織 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:人事労務・組織

再就職手当受給後の再離職について

法人・ビジネス 人事労務・組織 2010/02/10 20:02

再就職したものの、残念ながら体調を崩し、
療養のために退職せざるをえなくなりました。
前回退職した時の受給残日数が後45日残っているのですが、
入院を伴う治療のため、受給期間の延長をした上で
後日受給したいのですが、可能でしょうか?
(経緯)
昨年6月末 約8年勤務ののち退職
9月中旬 給付制限中に就職(派遣)
10月末 就業促進手当支給決定(45日分)
今年4月末 退職予定

派遣会社の退職事務手続に時間がかかりそうなので
離職票を待っている間に
受給権が消滅してしまうような気もしますが…

現在の勤務先では被保険者期間が1年未満ですので
基本手当の受給権が発生しないと思われます。
ただ病気治療のための離職ですので、
主治医の診断書があれば
特定理由離職者として認められるでしょうか?
その場合は診断書に必要な文言等あるのでしょうか?
(私の経験上、特定理由離職者の認定には
非常に高いハードルがありそうなのですが)

クウネルさん ( 東京都 / 女性 / 40歳 )

回答:1件

本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

再就職手当受給後の再離職

2010/02/13 11:45 詳細リンク

凄腕社労士 本田和盛です。

受給期間の延長は可能です。受給期間の延長をするのであれば、退職時の理由による給付制限はあまり関係ないとは思いますが、離職票に病気退職と書いて貰えば、特定理由離職者には該当すると思います。

詳しくは、ハローワークにおたずねください。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
(千葉県 / 経営コンサルタント)
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

解雇を不当とする社員への対応は? どら子さん  2009-06-01 10:03 回答1件
契約社員の雇用期間 こまった!さん  2010-03-07 10:20 回答1件
労災と傷病手当について オーコさん  2010-02-17 22:06 回答1件
失業保険給付の扱いについて 凛さん  2010-02-12 14:52 回答1件
会社に休んでくださいと言われました。 ひろせ ななこさん  2010-01-09 22:47 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)