住宅ローンの返済が難しい場合 - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの返済が難しい場合

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/02/09 20:18

両親がくんでいる住宅ローン返済が難しくなってきました。子供が相続するなり、何かの方法で手放さないでいい方法を教えてください。
*建物:学生マンション
*ローン:夫婦共有名義で父名義口座から月返済約11万(最終H28.10)、母名義口座から約13万(最終H25.10)、ボーナス払いなし。
*その他支出:固定資産税(年40万)、設備費
*収入:?家賃⇒入居状況により増減0〜25万(管理費を不動産会社に渡すため実際は上記以下)、?両親年金⇒ローンの補填と生活費、?父バイト⇒ローンの補填と生活費。
*子供:長女(39)、次女(37)、長男(34) 3人とも既婚。

学生マンションなので、ローンを組んだ当初は家賃をあてにしていたのですが、この不況で家賃を当初の半額近くまで下がり、あき室もあるため、ローンにまわすことができなくなりました。
ローンの組み方に無理があったのは否めないのですが、父も体をこわし、母は難病で入院しました。物件を売る以外に何かいい方法がありましたら、お知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

ちょびちょびさん ( 愛媛県 / 女性 / 39歳 )

回答:3件

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

投資用物件のローンについて

2010/02/09 21:03 詳細リンク

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

不動産投資は、一つの事業です。
事業には目標と計画があります。
まずは、現状の相場の賃料、想定の空室率で、
現状の物件に対する事業計画を策定してください。

その上で事業収支が赤字になるのであれば、
これ以上赤字を拡大させる前に、損をしてでも
売却をした方が良いと思います。

現状の事業計画で、たまたま空室で収支が一時的に
赤字になっているだけであれば、空室を埋める努力が必要です。
特に学生マンションであれば、2月、3月の繁忙期に
空室が埋まらなければ、致命的です。
物件の内装リフォーム、外装リフォーム、家賃を下げての募集、
フリーレント等々、どんな手を使ってでも、
この繁忙期で、収支が取れる状況にもっていけるのかどうかが
ポイントとなります。

それができないのであれば、物件を手放すことは仕方がないと思います。

厳しい言葉となりますが、不動産投資は事業です。
当初の事業計画からずれが生じているのであれば、
それを修正するのか、撤退するしかありません。

金融機関に掛け合えば、一時的に、返済条件を見直してくれる
ことがあるかもしれませんが、基本的に、
事業として成り立たないのであれば、その事業に関しては
リセットした方が、結果として、ご両親のためになると思います。

正直なところ、
「ちょびちょび」さんのようなケースの相談をよく受けます。
特に前回のバブル期(平成元年前後)に、ワンルームマンションや
一棟アパートを新築で購入した方に多く見られます。
不動産業者の言いなりで事業計画もなく購入してしまい、
結果として気が付いた時には、保有しても赤字、売却しても赤字
ということになります。
そのようなケースで、アドバイスは、なるべく赤字を拡大しないうちに
手を打ってくださいとしか言えません。

今回のアパートを保有する意味があるのかどうかを
冷静に検討して、今後の対応を練ってください。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
(神奈川県 / 不動産コンサルタント)
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2010/02/11 10:33 詳細リンク

ちょびちょびさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『物件を売る以外に何か良い方法がありましたら、お知恵をお貸しください。』につきまして、完済がH25.10ということですが、住宅ローンの借入残高も相当少なくなっているものと思われます。

また、事業用とはいえ住宅ローンを組んだ時期を考慮した場合、現在のローン金利と比較すると相当高いローン金利のままという場合もあります。

よって、ローン金利が現在の金利と比較して高い場合には借り換えをご検討されていもよろしいと考えます。

さらに、ちょびちょびさんが十分にに返済していくだけの収入を見込むことができるというのでしたら、融資先の金融機関にご相談していただき、ご両親から売買により当該物件を購入したうえで、ちょびちょびさんが住宅ローンを組み直すという方法もありますので、融資先の金融機関あてご相談してみてはいかがでしょうか?

あと少しで住宅ローンは完済できるのですから、ご兄弟で力を合わせてご両親を助けてあげてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

先ずは取扱銀行等での相談を優先!

2010/02/10 08:28 詳細リンク

ちょびちょび様へ

はじめまして、銀行実務経験を基にアドバイスしておりますFP事務所アクトの山中と申します。
今回、ちょびちょび様からのご質問につき、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.この様な状況は他に例を見ておりますが、当初から不動産業者で相談する前に先ずは取扱銀行等での相談を優先されることをお勧めいたします。

2.その取扱銀行等で資金計画の見直し(りすけ)をしてもらう事と、さらに不動産業者(専任又は仲介)の管理実態も見直しによっては、他の不動産業者も入居募集等がし易くすべきと考えます。

以上等のことを早急にされてはいかがでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
ローンは現実的でしょうか? hensai55さん  2013-09-02 14:47 回答2件
夫が義父母の住宅ローンの連帯債務者に ほんのきさん  2013-03-01 00:23 回答0件
住宅ローン審査について アプラウさん  2010-12-19 09:53 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)