クレジットの記帳で個人の買い物があるときは? - 会計・経理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

クレジットの記帳で個人の買い物があるときは?

法人・ビジネス 会計・経理 2010/02/09 00:02

はじめまして、
今年開業した個人事業主です。青色申告の複式簿記で届けをだしています。

教えていただきたいのですが
通常クレジット使用の(事業のもの)記帳は
新聞図書費 1000 / 未払い金 1000
引き落とし時に
未払い金 1000 / 普通預金 1000
の記帳ですよね、これはわかるのですが費用とならない個人の買い物をしたとします。

例えば同じ月内で、個人の生活費(食費)5000、事業の費用となる新聞図書費5000をどちらも同じカードで購入しました。合計のカード請求額は10000で普通預金から引き落とされました。

このように事業用と個人の買い物が混ざってしまっている場合はどのように発生と結果を記帳したらよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

yswebさん ( 東京都 / 男性 / 31歳 )

回答:1件

原 幹

原 幹
公認会計士

- good

事業主貸を使ってください

2010/02/18 03:04 詳細リンク
(5.0)

ysweb様

事業用口座からの引き落とし金額に個人使用分が含まれてしまった場合の
扱いということで、以下回答いたします。

個人使用分の費用は事業から個人への貸付(=事業主貸)と扱って
下記の仕訳を計上します。

(発生時)
新聞図書費 5,000 / 未払金 10.000
事業主貸 5,000

(引き落とし時)
未払金 10,000 / 普通預金 10,000

事業主貸は期末(個人事業主であれば12月末)に事業主借(個人からの借入)と相殺します。
事業主貸は個人への貸付なので、事業用口座に入金した(=返済した)場合は
普通預金 5,000 /事業主貸 5,000
といった仕訳を計上します。

個人事業主の場合、財布を事業と個人で一部共有しているような状態になるので
上記のようなケースがよく起こります。それらを調整するための勘定科目と考えてください。

このような調整は煩雑なので、個人と事業の入出金を厳密に分けて管理するのがベターです。
その場合は個人用と事業用でクレジットカードを使い分けるのがよいでしょう。

評価・お礼

yswebさん

もやもやが解けました!

分かりやすく説明していただきありがとうございました!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主 帳簿について HANAはなさん  2010-01-12 15:10 回答1件
個人事業主の経費(保育料と夫口座引落のパソコン) bluemamanさん  2009-02-05 18:36 回答1件
開業費 くろかずさん  2013-11-14 15:05 回答1件
クレジット購入 買掛金 未払金 kumosukeさん  2013-02-11 16:55 回答1件
耐用年数の過ぎた車の減価償却について おっトントンさん  2009-01-10 14:38 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)