株式の貸し借りについて - 事業再生と承継・M&A - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

株式の貸し借りについて

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2010/02/06 13:35

以前、弊社がある取引先の会社に出資し、いくらかの株式を持っています。
先日、その会社社長から、弊社の持つ株式を 「貸してほしい」 という相談を受けました。
「売ってほしい」、「買い取りたい」 ならわかるのですが、そもそも株式の貸し借りなどできるものなのでしょうか。 その際、理由を聞いてみたのですが、次回話すということで現在保留となっています。 貸し借りの可否と先方の意図は何か、わかる範囲でアドバイスいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

rohasさん ( 東京都 / 男性 / 37歳 )

回答:2件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2010/02/08 05:42 詳細リンク

*''■ 回 答''
''株式の貸し借りは可能です。''

''【解 説】''
**''1. 株式の貸し借りは可能か?''
金融機関からお金を借りる (「金銭」 消費貸借) のと同じく、ご質問の 「株式」 の貸し借り (「株式」 消費貸借) も可能です。

例えば金融機関で100万円のお金を借りた場合、借り手はそのお金を (使途が限定されたものでない限り) どのような目的に使おうと自由ですが、ある一定期日にもとのカタチ、つまり100万円に戻して返さなければならなりません。 (通常は、これに加え相当の利息も払うことになります。)
「株式」 もこれと同じ考え方で貸し借りの目的物として成立します。
したがって、借り手は借りた株式に備わる (議決権や配当を受ける) 権利を自由に行使することができる、ということになります。


**''2. 貸し借り後株主権はどうなる?''
おそらく、取引に伴い先方と契約書を交わすことになると思いますが、そこで貸し借りの目的となる株式の返還の期日や利息の支払いなどその他契約の内容が決められ、結果株式の名義は取引先の会社となり、同社の株主名簿からrohasさんの会社名が消え、貸借期間中、その株式の株主権は取引先会社が行使することになると思われます。


**''3. 先方の意図・目的は?''
次に、先方が今回rohasさんへ提案された取引の目的ですが、現在、お取引先の会社とrohasさんの会社の株式を通した権利義務関係がどのようになっているかうかがえず何とも言えませんが、通常の普通株式をお持ちであるという前提でいくと (あくまで推測に過ぎませんが・・・)

(1) 議決権をある株主に集中させるニーズがある
[事業承継/経営権争い etc.]
(2) rohasさん所有の株式が (も) その対象となっている
(3) これを (1) の株主もしくは会社 (取引先) が買い取る

補足

(4) しかし買取資金、財源((会社が買い取る場合、一定の財源の範囲内でしか株式を取得できない))等何らかの弊害で (3) の措置がとれない

よって、今回rohasさんに 「貸し借り」 というかたちでの提案があったのではないかと推測します。

(もっとも 「贈与」 という選択肢も考えられますが、rohasさんの会社から財産権をタダで奪うかたちとなり適当ではないでしょうし、仮にrohasさんの会社が贈与に応じたとしても、株式の時価によっては、先方に多額の贈与税負担が発生する可能性もあり、やはり適当な選択肢とはなり得ないでしょう。)


**''3. 取引の対価は?''
現在配当も受けていない、議決権も行使していない、というような状況であれば、今回の貸借の対価として一定の 「利息」 が会社の収入としてあがることになります。


**''4. 問題点は?''
今回のrohasさんの会社の株式の借り手が個人株主であれば 「相続」、会社であれば 「清算」 「破産」、「合併」 などの事態が生じた場合、ややこしい問題となりそうなので、もしこの取引に応じるのであれば、そのあたりの事態を想定した約定が必要でしょう。

以上、前提や仮定が違えば、今回の回答も話が違ってくると思うので、くれぐれもあくまでご参考程度にお留めください。
以降、先方より具体的なアクションがあった際は、顧問弁護士さんなどにご相談ください。


ご質問ありがとうございます。
今後tもAll About ProFileをよろしくお願いします。




*''◆◇ 株式に関する実務はYSCのビジネスソリューションを ◆◇''
''ご相談は「無料」 まずはお気軽にお問い合わせください!''
''弊社WEBサイトはコチラ'' → http://www.ysc-business.com

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岡部 徹

岡部 徹
税理士

- good

株式の貸借

2010/02/22 18:33 詳細リンク

http://okabetax.ne.jp/
「さらば連帯保証人」を参考にして下さい。

株式の貸借など通常はありません、
考えられる事は沢山ありますが、
すべてが非難中傷になってしまいますので、
ここでは表現できません。
とにかく理由を文書でもらう事です、
貴殿の会社にとって重要な判断が求められます。 税理士 岡部

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

株式会社消滅の後始末について まこまこまさん  2013-07-10 20:57 回答1件
債務超過の解消方法 ruisさん  2008-11-13 10:50 回答1件
銀行債務がある会社の廃業について トラさんさん  2008-10-26 21:58 回答2件
会社の譲渡をうける際のポイントは itxさん  2007-07-23 22:44 回答1件
株式の買取価格について マーーーチンさん  2016-02-03 12:54 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談 初回限定!事業再生のための返済猶予(リスケ)面談相談
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)