海外駐在+将来にあたってのマネープラン - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外駐在+将来にあたってのマネープラン

マネー お金と資産の運用 2007/06/10 01:52

はじめまして。共働き夫婦で、来月から主人が北京に3年駐在する事になりました。様々不確定要素が多いのですが、とりあえず、今ある貯金の内800万円をただ預金しておくだけでなく、少しは殖やせるようにしたいと考えています。正直これまでお金に関してはかなり無頓着でしたので、国債、投資信託などという言葉は聞いたことがありますが、詳細が分かりません。主人は37才、私は35才です。主人の年収は現在1200万円程、私は550万円程です。私は外資系に勤めており、現在北京の同列会社で勤務出来るか打診中ですが、未確定です。出来るだけ早く子供も、出来たら二人欲しいと思っています。このような状況の私どもに向いた資産運用の仕方など、アドバイスいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

miduさん ( 東京都 / 女性 / 35歳 )

回答:2件

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

少しずつ勉強しながら始めましょう。

2007/06/10 06:31 詳細リンク

miduさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間です。

「少しは殖やせるようにしたいと・・・」というお考え大事ですね。

ただ、金融商品の詳細が不明な状態で
(どういう金融商品なのか理解しない状態)
(利益の源泉は何かを理解しない状態)
(金融商品のルールを知らない状態)
投資を始めることは
冷たいプールにいきなり飛び込むのと同じなので

まずは金融商品について
独自もしくは我々FPの面談という形で
レクチャーを受けるなどにより知っていただき

その後、miduさんのお考えの変化によって
今後の方向性を決めてはいかがでしょうか?

出来れば先にライフプランを作成し、
「そのプランの実現のための金融商品選択」
という形で進めることにより
miduさんの家計にとってベストな運用方法選択につながります。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

投資の前に口座の確認をお勧めします

2007/06/10 12:34 詳細リンク

midu様 初めまして。CFP®の吉野充巨です。
海外への転勤と将来に備えた投資とのことですのでお伝えします。非居住者(北京に赴任するご主人のこと)は、日本では口座取得が出来る証券会社が限られています。また、本人確認も必要ですので出国前の手続きが必須となります。そして、日本国内での書類の郵送先及び判断が必要なものへの回答者の常任代理人(当初は奥様でも、奥様が転勤の際にはどなたなのか)として常任代理人契約を証券会社か信託銀行と結ぶ必要があります。
すでに口座をお持ちの方で非居住者になる方は、事前に口座を開設している証券会社と打ち合わせし、同上の内容が出来るかご確認ください。
従いまして、まず投資運用の前に、情報を収集され大手証券会社または外資系証券会社にご相談ください。

なお、信託銀行の信託部門では非居住者の資産管理に精通していますので、信託銀行に口座開設し、販売している金融商品(国債、貸付信託、各種投資信託)の購入も一案かと考えますのでご検討ください。(その場で非居住者の口座として相談が可能です)

その上で投資対象は購入後も帰国まで長期に据え置く商品群をお勧めします。
分散投資の基本として、国内外の債券と株式を対象とした投資信託、その投資信託の中でもコストの安さと、投資の判断が分かりやすいインデックス・ファンドをお勧めします。
例えば、日本債券は、日本国債又は公社債投信。日本株はTOPIXに連動する、インデックス・外国債券はシティーコープ国債指数に連動する、外国株はMSCIコクサイに連動する3本のインデックス・ファンドをお勧めします。夫々の指数は世界何処でも投資判断材料として情報提供されています。

私のHPに投資信託、資産配分をシリーズで掲載していますので、宜しければご参照ください。
http://www.officemyfp.com/toushishintaku-1.htm
http://www.officemyfp.com/assetclass-1.html

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産運用について はるかママさん  2008-06-19 17:28 回答7件
資産運用の計画について *ココア*さん  2008-08-09 17:33 回答6件
約20年後を目標とした資産運用についてご助言下さい クッキーさん  2008-05-22 11:10 回答10件
3つの財布の分け方が決まりません デイジー2さん  2007-11-04 01:57 回答5件
老後に向けてのお金の運用について相談 porrokkaさん  2014-06-14 13:10 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談 FPメール相談室
寺野 裕子
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 金融商品を買う前に申込むFP相談会
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)