老後の資金作りについて - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老後の資金作りについて

マネー 保険設計・保険見直し 2010/01/27 23:57

こんにちは。もうすぐ35歳になる者です(女・独身)。

車の保険加入により、恥ずかしい話ですが今までほとんど考えていなかった老後の資金作りについて考えるようになりました。

現在、東京海上日動火災の長割り終身保険(月額3,738円、保険金額200万円)と明治安田生命の年金ひとすじ(月額15,000円、基本年金53.81万円/年、60歳から)を保険の担当の方から勧められています。

今は結婚の予定もないので、老後の為に少しでも貯金をしておきたいのですが、保険についての知識があまりないので、どういった保険に加入すればいいのか分かりません。また、これから25年間払い続けなければいけない保険の金額など、結婚や転職など今後の予定が分からない時期に決めるのは避けた方がいいでしょうか。

現在は、銀行の定期預金のみですが、資金作りの為に投資信託や個人年金などを始めた方がいいのかなど、アドバイスを頂けると幸いです。


よろしくお願い致します。

pentaroさん ( 京都府 / 女性 / 34歳 )

回答:6件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

老後の資金作りについて

2010/01/28 15:50 詳細リンク

こんにちわ、FPコンサルティングの岡崎です。

早くから老後について考えることは良いことだと思います。
まず年金についてお話させていただきますと、国民年金か厚生年金によって、リタイヤ後の老齢年金額が大きく違ってきます。ご参考までに、国民年金の満額支給額は2010年現在で792,100円/年、
月々だと約66,000円です。この金額だけでは心細いですね。

厚生年金であれば、お勤めの会社の総務部等で企業年金が存在するかお確かめになられてはいかがでしょうか?

個人年金は所得向上があるのでその点ではメリットあると思いますが、財形年金も良いと思います。

投資についてですが、当面のお金として、約1年分の生活費を定期預金等で確保し、それ以外の金額を投資資金にすることは可能ですが、リターンを得るにはリスクはつきものであるということをお忘れにならずに。世の中の金利が低い現在、高金利のものはそれだけリスク商品であるとも言えます。商品の説明等を良くお聞きになり、ご納得されてからのご購入をお勧めします。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

老後資金の件

2010/01/29 10:23 詳細リンク

pentaroさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『現在は、銀行の定期預金のみですが、資金作りの為に投資信託や個人年金などを始めた方がいいのかなど、アドバイス...』につきまして、老後資金を確保していくための資産形成として今の時期に個人年金保険に加入することはお勧めできかねます。

今は預貯金に関しても超低金利となっていますが、保険商品につきましても同様に予定利率(便宜的に支払い保険料の割引率とお考えください。)が低くなってしまっていますので、予定利率が高かった頃に比べると将来受け取れる年金額は格段に低くなってしまっています。

よって、今から老後資金を確保していくのでしたら、運用できる期間も十分にありますので、多少リスクをともなうような事になってしまっても、大きく成長も見込むことができる株式や投資信託なども含めて、金融商品を選択していただくとよろしいと考えます。

尚、リスクをともなう金融商品に投資をする場合には、金融商品の特徴を十分理解したうえで、投資するようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

目的にな合った商品で・・・

2010/01/28 07:00 詳細リンク

はじめまして、pentaroさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


老後資金は早い内から準備された方が無理なく準備が出来て、将来のリターンも期待でます。

保険も一種の金融商品ですが、保険という機能が付いていますので純粋に運用するよりは効率が悪いです。


pentaroさんもお考えのように老後資金を投資信託などでも準備する事も考えられます。

こちらはリスクはあるもののリターンも期待できます。

投資方法によってはリスクを軽減する事も出来ますので、まず投資についても少しアドバイスを受けながら投資を始められてはいかがでしょう。

保険もそうですが個人年金もいわゆる固定金利の商品ですので、この低金利時代に25年もの長期期間を低金利の固定金利で運用するのは勿体無いですね。

保険や個人年金で考えられるのであれば、利率変動型や変額のような商品が良いと思いますが、先に述べたようにこれらは直接投資をするよりも手数料などコストがかかり効率が良くありません。


確定拠出年金という運用方法もあります。

まずご自身のリスク許容度にあった運用方法が良いでしょうが、投資についての理解も必要でしょう。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

積立投資信託をお勧めします

2010/01/28 10:18 詳細リンク

pentaroさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

老後資金作りは早いに越したことはありませんが
お感じになっているように、これからのライフプランが確定していない状態での年金保険加入は控えたほうがいいでしょう。

途中で払い続けることが負担になるかもしれませんし、中途解約すると元本割れすることになります。

今の段階では金額を変更したり、ストップしたりできるよう投資信託での積み立てのほうがいいでしょう。
老後資金のつもりで初めても使うのは限定されていないわけですから、他に回すことも可能です。

しかし投資信託は元本保証ではありませんので、10年以上は継続するつもりで始めましょう。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

利殖と貯蓄の違いにも注意しましょう

2010/01/28 11:04 詳細リンク

pentaroさん、こんにちは。実務に強いFPの大関と申します。

老後の資金作りといっても、
「1.貯蓄による生活資金のプール」 と
「2.介護保障など体況を崩した場合の対策」では違ってきますね。

「1」については、「利殖」を第一に考えるのであれば
保険での貯蓄ではなく、少々のリスク付でも投資信託やなど他の金融商品で
「長期投資」するのがいいでしょう。
しかし、投資経験がなく、運用成果に一喜一憂したくないのでしたら
その限りではありません。

また、
「先がよくわからないから何もしない」よりは「有効な積立は早めに実行」
すべきです。
多くの方は、老後資金に困ることは明白ですので・・・

上記1、2両方とも必要であるとするならば
提案されている「長割り終身」「年金ひとすじ」とも不十分です。
その根拠は、
**25年先の価値観によって応用措置がとれない、柔軟性がない
ということです。

>25年先の事情によって保険を柔軟に変えられる
もし無事なら、これまで払った掛金以上の資金を全て「年金」
として自分で使える<
というものを考えるべきとも思われます。
(そんな商品設計も可能です)

下記のコラムもご参照下さい。
↓↓↓

(理想の保険商品?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31346
(終身介護保障保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28426
(保険での貯蓄はナンセンス?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28738
(100%給付金を受取るためには)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/15505

以上、参考にして戴けたら幸いです。

ご不明な点がございましたら、個別にお問い合わせ下さい。
[ohzeki@fourtrust.co.jp

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

終身保険と年金保険を併せた商品がアフラックに!

2010/01/31 18:09 詳細リンク

pentaro様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、pentaro様からのご質問につき、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.今、ご提案されている東京海上日動火災保険と明治安田生命(合計額18,738円/月)を併せた商品がアフラック(WAYS)にありますので、比較ご検討されてはいかがでしょうか。

*WAYSの商品概要として、
〜60歳(又は65歳)まで終身として払込をして、60歳(又は65歳)払込み完了時に4コース(医療・介護年金・年金・死亡保障)に分散する商品です。

2.尚、老後資金作りのための投資信託につきましては、
私(FP)が相談受けた事例として、退職金の殆ど投資信託や株式等で資金を投入したため資金の動きが取れず悩んだ末、相談に訪れたクライアントがおりました。その様なことを考慮しますと、投資信託等は小遣い程度に運用されることにお勧めいたします。

以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険見直し+ライフプランについて ctsfukさん  2012-03-25 14:45 回答1件
保険の見直しについて hikomamaさん  2014-04-20 00:16 回答2件
生命保険、個人年金の見直し のえりーさん  2009-01-04 14:21 回答7件
保険の見直し(共働き)、余裕資金の運用について milktea2さん  2013-12-27 15:33 回答3件
子ども誕生による生命保険、学資保険の相談 sossoo1122さん  2012-01-05 23:14 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)