固定期間が終了します - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

固定期間が終了します

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/01/23 14:22

マンション購入のため2007年に1400万、2%3年固定金利で借りました。繰上返済はしたことがなく、残高は1310万です。年収は約350万。3月に固定期間が終了します。
私は独り者なので固定でも変動でも返しやすい状況ではあります。
ただ、会社は不景気の影響をもろに受け、私は会社の経理事情が分かる仕事をしていて、正直どうなるか分からない状況です。
なるべく月々の返済額を低くし、まめに繰上をしていきたいと考えていますが、素人なのでどちらがいいのか分かりません。
どうぞご指導下さいませ。

補足

2010/01/23 14:22

35年ローンです。「どちらがいいのか」というのは
固定金利か変動金利か、です。分かりづらくて申し訳ありません。

コナミさん ( 千葉県 / 女性 / 40歳 )

回答:3件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンについて

2010/01/23 16:20 詳細リンク

こんにちは。

住宅ローン選びについてですが、今のように金利の低いときは一般的には固定金利がお勧めです。ただし、今後何年間で完済する予定ですか。それにより変わってきます。固定金利においても何年間金利を固定すべきなのかも検討しないとなりません。10年で完済する予定であれば、変動金利、または5年から10年間の固定金利でもいいでしょう。20年などもっと長期になるのであればそれなりに金利を固定したほうがいいかもしれません。また、今借りている金融機関の金利に状況によっては、他の金融機関へ借り換えを考えたほうが総支払額が少なくなる可能性もあります。

一度お近くの独立系のファインなシャルプラナー(上級資格CFP保持者)にご相談されると判断が早いかと思います。


株式会社FPソリューション
ファイナンシャルプランナー(CFP)
辻畑 憲男

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2010/01/25 19:18 詳細リンク

コナミさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『なるべく月々の返済額を低くし、まめに繰り上げをしていきたいと考えていますが、素人なのでどちらがいいのか分かりません。』につきまして、住宅ローンを組む場合、ほぼ毎年のように繰り上げ返済を行うことが可能ということでしたら、早期完済を目指すことになりますので、ローン金利も低くて済む変動金利や短期固定金利で住宅ローンを組むことになります。

ただし、ローンの更新が頻繁に行われるため、返済の途中からローン金利が上がってしまい毎月の返済額が増えてしまう可能性があります。

この場合とは逆に繰り上げ返済は三年に一回程度などという場合には、早期完済という訳には行きませんので多少ローン金利が高くなってしまっても、長期固定金利にすることで返済の途中からローン金利が上がってしまい毎月の返済額が増えてしまうことがありませんので、将来のマネープランがたてやすくなります。

尚、コナミさんの場合、こまめに繰り上げ返済をお考えということですから、ローン金利が低くて済む変動金利や短期固定金利でもよろしいかも知れません。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

更新後の金利差をカバーするために!

2010/01/23 18:38 詳細リンク

コナミ様へ

はじめまして、銀行実務経験を基にアドバイスしておりますFP事務所アクトの山中と申します。
今回、コナミ様からのご質問につき、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.不景気な時代ですが、住宅ローン金利は少しずつ上がる気配があります(長期金利・短期金利とも上がりつつあります)。

2.このときに、住宅ローン金利の固定金利指定型(3年もの)終了に備えて、どの方法で更新すべきかを考えますと、長期固定金利型をお勧めいたします。

3.但し、長期固定金利型(32年)は3.18%で毎月54,597円の支払額と計算されます。従来は毎月46,376円と思いますので、8,221円のアップ額となります。

4.そこで、8,221円の差をカバーするために、
長期固定金利型(32年)で更新すると併せて、可能であれば返済額軽減型を選択して、一部繰上げ返済を実施されてはいかがでしょうか。

以上

質問者

コナミさん

ありがとうございました

2010/01/23 23:16 固定リンク

お答えありがとうございました。
出来れば10年で完済したいと思っています。
銀行に相談してみます。

コナミさん (千葉県/40歳/女性)

質問者

コナミさん

ありがとうございました

2010/01/23 23:18 固定リンク

プロの方なので毎月の返済額をピタリと当てられて
ドキッとしました。
ぜひとも参考にさせていただきます。

コナミさん (千葉県/40歳/女性)

質問者

コナミさん

ありがとうございました

2010/01/25 21:56 固定リンク

プロのご指導をいただき、「短期」にするか
「長期」にするかはまだ検討中ですが、自分の中では
「固定」でいくと決めました。

コナミさん (千葉県/40歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

マンション購入をキャンセルすべきか迷っています tomokosanさん  2008-04-28 00:08 回答4件
45歳のマンション購入 amaguridaisukiさん  2013-05-31 01:36 回答1件
マンション購入にあたり imasuguさん  2012-03-05 09:16 回答2件
現在共働き 住宅ローン繰上げ返済について kanaokoさん  2012-02-09 10:03 回答3件
マイホーム購入迷っています。 dolphin79さん  2011-10-31 19:03 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)